ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちひろ美術館」で子どもといっしょに芸術の秋

ばぁばの上京中、子どもと3人で出かけたのが、「ちひろ美術館・東京」。
ばぁばは日本画を習うほどの絵画好きで、東京に来るとよく美術館に出かける。
(今回はピカソ展とフェルメール展を見て、ご満悦のよう…)

私は、美術館なんてずい分ごぶさた…!
「国立新美術館」ができたばかりのころ、まだ小さかったりんりんをベビーカーで
寝かせているスキに見て回った以来じゃない?

赤ちゃんの頃ならそんな感じで鑑賞できるからよかったけど、
このくらいになっちゃうと、ちょこちょこ歩き回るし、騒ぐし、飽きてぐずるし…で
なかなか子連れで美術館に入る勇気はない。

でも、「ちひろ美術館」なら、その心配はおそらくナシ?
なにしろ、“子どもたち、大歓迎”の美術館だから…

ご存知、いわさきちひろは子どもを描き続けた画家。
西洋の水彩画に、東洋の水墨画の技法を取り入れたその独特の画法、
母のやさしい視線で描かれた、あたたかいタッチに魅了されている人も多い。

そのちひろが暮らした町、練馬区の石神井に美術館がある。
(ちなみにちひろ美術館は、もう1ヶ所、長野県の安曇野にもある)

        ちひろ美術館9
        ↑「上井草」駅から住宅街の中を案内板にしたがって歩くと到着

閑静な住宅街の中にひっそりとたたずむ、こぢんまりとした美術館。
入り口を入ると、右手がミュージアムショップ、左手に展示室へ。

      ちひろ美術館8
      ↑ちひろが愛した花や樹が植えられた「ちひろの庭」


私たちはまず、展示室1へ。
こちらは2ヶ月ごとに変わるテーマにそって、ちひろの絵と出会える。

現在、「ちひろ・旅の絵本 ―ヨーロッパを訪ねて―」を展示中(11/30まで)。
ちひろが1ヶ月かけてヨーロッパ各国を旅し、その経験をもとに描いたスケッチ、
それが載った絵本『あかいくつ』などが展示されている。↓
       ちひろ美術館2
   絵の下に添えられた物語をよみながら→ ちひろ美術館3 

りんりんはまだ絵には興味ナシだけど、添えられている物語を読んであげたり…
で親子で楽しめる。
絵本やちひろ愛用のソファーも置いてあるので、座って絵本をながめたり。
でも、あっちの絵本を持ってきては、こっちの絵本を引っぱり出し、…でせわしない!

展示室2は、企画展。
ただ今、「茂田井武展」を開催中。

展示室3は、「ちひろのアトリエ」。
ちひろの当時の仕事部屋を再現していて、昔の家具や道具などが興味深い。


途中、りんりんは何度か飽きてしまい、わがまま連発。
そんなときは、2階の「こどもの部屋」へ。

      ちひろ美術館4
      ↑おもちゃや絵本もあって遊べる「こどもの部屋」

ここには授乳室(ミルク用のお湯もあり)やトイレ、オムツ替えスペースもあるので、
ちっちゃい子どもとその親のたまり場。こういうスペースがあると、親は助かる!

その向かいは、「図書室」。
3000冊以上の絵本やちひろ関連の本がそろっている。

      RIMG1274a.jpg
      ↑子どもサイズのテーブルとイスがかわいい

小学生くらいの女の子が長時間、熱心に本を読んでいたのが印象的だった。
そのくらいの年になると、絵も本も自分で楽しめるし、この美術館いいかも…

そして、1階には素敵なカフェも併設されている。

      ちひろ美術館5
      ↑オープンエアなスペースは、とっても気持ちいい~♪

    RIMG1267b.jpgRIMG1268b.jpg
    ↑「おかずタルト」とスープ      ↑おやき2種(ほうじ茶つき)

長なすときんぴらごぼうのおやきが、今まで食べたのと全然違って、びっくりするおいしさ。
スープも野菜の味が濃厚で、とっても美味♪
ほかにも有機栽培のコーヒー、無添加のシフォンケーキやアイスクリームなど、
子どもにも安心、こだわりの手作りメニューがいっぱい。


帰り際、ばぁばがりんりんに、ちひろの絵本を買ってくれるというので、
かわいいちひろグッズがいっぱいのミュージアムショップへ。
午後になって、このお店も人でいっぱい!

今日の展示室1で取り上げられていた、絵本3点、どれもステキ…で迷っちゃう。

    ①
あかいふうせんあかいふうせん
(1968/01)
ラモリス岸田 衿子

商品詳細を見る

    ②
にんぎょひめにんぎょひめ
(1967/01)
アンデルセン曽野 綾子

商品詳細を見る

    ③
あかいくつあかいくつ
(1981/09)
アンデルセン神沢 利子

商品詳細を見る



ぱっと見、いろんな色が美しくて惹かれたのは、①の「あかいふうせん」。
でも、りんりんは女の子だし、②や③のほうがいいかな…
とあれこれ迷ってたら、りんりんは、①を手にして、「これがいい!」と即決。

え~~っ、と思ったけど、家で読んでみると、お話もよかった。
りんりんは毎日のようにこの本をもってきて、「読んで~」とさいそくする。
よかったね、お気に入りの本に出会えて!







にほんブログ村 子育てブログへ ←「上井草」駅下車なのに、「下井草」で降りてしまった私たちに…
             ぷちっと一押し、よろしくお願いします


Comment

ちひろ美術館 

ちひろ美術館ってどんなんだろうって思っていたので、
興味深々に見ました~
「こどもの部屋」があるのはとてもいいですね~
どうしても美術館って子供は退屈になってしまいますもんね~!
おやきすごいね~大きくてびっくり!
又行ってみたいです\(^o^)/
  • posted by さおり 
  • URL 
  • 2008.10/23 11:42分 
  • [Edit]

 

こんにちは!
私、初めて見ました(^^)
絵の下にその絵の物語があるって、素敵ですね。

子供大歓迎!こんな美術館もあったんだ!
いいですね~。
カフェでおやきにほうじ茶、食べて帰りたいな~(^^)

応援☆
  • posted by にこにこ 
  • URL 
  • 2008.10/23 12:54分 
  • [Edit]

可愛い♪ 

いわさきちひろさんって、ホントに素敵な作品一杯残されてますよね~!
美術館って私は大好きで、でも海外(特にヨーロッパ)に比べると日本は狭いし高いし人気の展覧会は激混みで、子供はおろか大人だって楽しむのは難しいですもんね。。絵を観に来たのか人の頭を観に来たのかって感じで(涙)
ここは色々と楽しめるスポットがあって最高にいいですね!
りんりんちゃんも楽しめて、お気に入りの絵本にも出会えてよかったですねー!
子供の頃に出会った絵本って大切ですもんね。
ちなみに私は「ぐりとぐら」「あんぱんまん」「私とあそんで」の3冊がお気に入りでした♪
  • posted by あっく 
  • URL 
  • 2008.10/23 21:21分 
  • [Edit]

さおりさんへ 

私も以前から気になってたんです~
でも、小学生以下だとあまり楽しめないかなーと思ってて…
母が「行きたい」というので、ちょうどいい機会になりました!
小さい子でも、「こどもの部屋」があるので、大人が2人以上いると、
交代で遊ばせて見に行けたりできて、いいですよ。

おやきの味が…意外に忘れられません。
また食べにいきたい~!
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.10/23 23:07分 
  • [Edit]

にこにこさんへ 

関西からだと、安曇野のほうが近いかな?
あちらは広ーい公園もあるらしく、とても素敵そうです。
一度、行って見たいなー(安曇野にもずっと行きたかったし)
絵の下にお話があって、何枚か続くので、大きな絵本を読んでいるようでした。
この展示方法はいつもなのかしら? 今回だけ?
なかなかいいアイデアですよねー

ここのカフェのケーキもクチコミで評判のようで、今度はそちらも食べてみたいです♪
応援、ありがとうございます。
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.10/23 23:11分 
  • [Edit]

あっくさんへ 

この美術館で印象的だったのは、ちひろさんのいろんな“母としての言葉”でした。
子育てに奮闘する日々の中で作品が生まれていくようすがよく分かり、こういう何げない日常がなければ、こんな温かい作品は生まれていなかったんだろうなーって、改めて感じさせる美術館でした。

そうそう、日本の美術館はなんであんなに混むの~!
国立新美に行ったときも、もう人の波、波、波…で、たしかに頭しか見えない!
子どもが寝ていたとはいえ、ベビーカー押してると「ジャマ!」というような顔されるし…(泣)

「お気に入りの3冊」がすっと言えるなんて、カッコイイ♪
優柔不断な私は…あれもいいな、いやこっちも…なんて、決められないタイプで…(汗)
「ぐりとぐら」のシリーズ、私も好きだったなー
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.10/23 23:29分 
  • [Edit]

昔こどもがいない頃に行ったことがあります 

今、2人の子どもがいます。
以前から連れて行きたいと思いながら、なかなか実行できません。
ままりんさんのブログを見て、行ってみたくなりました。
わたくしが行った時も、小学生くらいの女の子が、階段に座って本を読んでいたのが印象的でした。
緑に囲まれて、”のんびりした時間が気持ち良く流れる場所”という感じでした。

 

わ~お!石神井にこんな素敵な美術館があるんですね~
決して遠くないのに知らなかった私・・・(恥)

アットホームな感じで、良さそうだわ!!
飽きたらこどもの部屋で遊べるしGOOD♪
オープンカフェもあるんですね!
メニューも大変気に入りましたv-10

上井草方面へはバスで行けるので、
石神井公園+ちひろ美術館・東京のコラボでいつか企画したいです♪
上井草・下井草の身近な町名に何度もドキッとしました(笑)

応援☆
  • posted by めぐめぐ 
  • URL 
  • 2008.10/24 16:13分 
  • [Edit]

kaz_naadさんへ 

ご訪問&コメントありがとうございます!
ちひろ美術館に行かれたことがあるんですね。
東京のほうは2002年にリニューアルしてきれいになったようなんですが、
kaz_naadさんが訪れたのはリニューアル後なんでしょうか?
ほんとに、緑いっぱいで、ゆったりとした時間が流れているようでした。

ブログを拝見したら、お嬢さんはうちと同じ、3歳なんですね。
お兄ちゃんももう大きいし、ぜひ、お子さん連れて行ってみてくださいね!
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.10/25 00:04分 
  • [Edit]

めぐめぐさんへ 

石神井公園も、私も一度行ってみたい公園です。
ちひろ美術館とセットにすると、いいかも♪
うちの場合、家を出たのが遅く、しかも下車駅間違えたりして(上と下、紛らわしいですね~)、
美術館だけでいっぱいいっぱいだったけど…(汗)

推測ですが、お姉ちゃんにはぴったりの美術館だと思います!
若さんを子どもの部屋で遊ばせとけば(笑)、2人とも楽しめるかも。
(赤ちゃん向けのおもちゃがメインなんだけど…)
応援、ありがとうございます。
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.10/25 00:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。