ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選べる“不自由”―学校選択制ってどうなの !?

幼稚園選びをキッカケに、いろいろ見えてきた東京の“教育”事情。
ちょっとカタ苦しい話が続きますが… よかったらあと少々お付き合いを。。。

前の記事「公立派? 私立派?」でも書いたように、
 ●おサイフにやさしい
 ●小さいうちは地域とかかわりながら育ってほしい
というような理由で、とりあえず小学校は公立に進んでほしいと考えているわが家。

公立の幼稚園は、小学校に併設している場合がほとんどなので、
「A幼稚園→A小学校」と進む可能性は高い。
だから、幼稚園だけでなく、小学校の情報もまとめて聞いておこう。
だって、うちの自治体は、「学校選択制」なんだもの――

そう、校区に関係なく、自由に好きな学校を選べるっていう、アレです。
昔、導入され始めた頃にニュースで聞いたときは、
公立も変わったねー 自由に選べるなんていいな
公立でも学校同士で競争意識が高まれば、質はよくなりそうね
…くらいにしか考えてなかった。

でも、実際に自分が子どもを持って、「はて、わが家の周りの学校ってどんな感じ?」と
ギモンが沸き、近所のママさんに聞いたり調べてみたりすると、
そこには、衝撃の事実が…!

  わが家の周りの学校は、非「人気校」ばかり!!

あえて、「不人気校」とは言わないけど… いわゆる「人気校」ではないってことね。

うちの周りには、徒歩15分圏内に3校、と学校だけはたくさんある。
でもこの3校、いずれも生徒が集まらない、非「人気校」のよう…
学年に1クラスしかなかったり。
うち1校にいたっては、今年の入学者数10人台… !!

そう、みーんな、わが家から30~40分ほどかかる「人気校」に流れてしまうのだ。

近所の先輩ママさんとこの小学1年生の娘さんも、その人気校に入学。
そんな遠いところ、なんで選んだんですか、 って聞いたことがある。

「人数の少ない学校を、“アットホームでいい”と考える人もいるけど、
 うちはやっぱり、大勢の友だちの中でもまれながらやってほしかったから。
 だって、運動会とかやっても、クラス対抗ができないのよ! 
 それに、もしいじめっ子とかいたら、6年間、ずっーと同じクラスなのはかわいそう…」

ほかにも何人か聞いたけど、だいたいみなさん、そういった理由。
「あそこの学校の○○がすばらしい」というのではなく、「生徒数」が主な理由だった。

それは、たしかに分かる…
マンモス校はイヤだけど、せめて1学年数クラスはある学校に通わせたい。

でも、せっかく近所に学校があるのに、わざわざ遠いところに行かなきゃならないなんて…
私は中学生のとき徒歩30分くらいのところに通ってたから、その大変さを知っている。
中学生ならまだしも、小学校低学年の子に、毎日往復1時間以上歩いて通わせるのは…

登下校中の安全だって気になるし。
交通量の多い大通りを歩き… 何か事故や事件に巻き込まれたら…!


…なんだか一気に「選択制」を恨んだ。
「選択制」がなければ、何も考えず、地元の近い学校に通わせられたのに…!!

学校側にしてもそうだろう。
いったん「不人気校」のレッテルを貼られると、
学校がいくらがんばっても、「生徒数が少ないから」という理由で敬遠されてしまう。

そう、最近問題になってきている、公立「人気校」と「不人気校」の二極化――
それがわが家の周りでも起こっていたのだ。


自治体はこの現状をどうとらえているんだろう?
地域で子どもをはぐくむ」…これが公立の目指すべきところではないの!?
結局、犠牲になるのは子どもじゃないの~!?

私には、自治体が公立をあちこちにつくり過ぎといて、
(徒歩15分圏内に3校もあるなんて、どう考えても多すぎ。無計画!)
少子社会になって、その後始末(=統廃合)を住民に加担させているとしか思えない。
選択制にさせて人数が集まらなければ、
「ほら、あんたたちだって、この学校いらないでしょ?」って廃校にできる、格好の材料だもんね。

…とまあ、怒り心頭なわけなんです。

これって、過疎化の進むエリアか都心部のみの現象だと思って、
とりたてて書こうとは思わなかったんだけど、
最近『AERA』で選択制について是非を問う記事が立て続けに出されたので
選択制にギモンもってるのは、私だけじゃないんだ!」と後押しされ、書かせてもらった。

その記事というのは…
  「公立中学の『選択格差』」 (9/15号)
  「公立小選択の『絶望格差』」 (9/22号)

そこでは、杉並区の例が大きく取り上げられていた。
“民間校長”でマスコミの注目を集めたW中学校や、
教育熱心な親が多いエリアにあるH小学校といった「人気校」のあおりを受けて、
その周辺の学校の入学率が軒並み低下…

記事では、入学率と学区外率による都内全校の“人気度”を掲載してるんだけど、
このような二極化現象は、練馬や江戸川区など人口の多いところほど顕著らしい。

人気校になる基準はさまざまだけど、中には、
「教育熱心な親が多いエリア(大企業の社宅がある、高級住宅街があるなど)にある学校だから」といった地域の風評で選んだりして、親たちが踊らされている、とも…

“教育の機会均等”の象徴であるべき公立学校に、いろんな“格差”を生み出す
この「学校選択制」、ホントにいいわけ~~?

たしかに、競争原理を持ち込むことで、学校の質が向上したところもあるかもしれない。
東京で公立の入学者数か率だか、上昇したという新聞記事を以前読んだこともある。

でも… 思うに… 
だからといって、やっぱり私立に行かせる人は行かせるのよね。
私立に勝とうなんて… それは、ムリってもんよ!!
国の定めたカリキュラムに束縛されている限り…

そんなに“公立離れ”を食い止めたいなら… そうだねー
いま人気の「公立中高一貫校」を増やして、私立並みに受験対応やきめ細かな指導をしてくれる学校をつくるなんて、どう?
「ずーーっと公立でも、国立に現役合格できるんだ!」とかいう実績を積めば、
安心して公立に託す親も増えてくるのでは…!?


とにかく、お役人たちに言いたい。

即刻、「選択制」はやめてほしい!

せめて、小学校だけでも… 
もっと地域とのつながりを大切にしましょうよ~

『AERA』の記事で、数少ない「選択制・非導入」の自治体の取り組みも紹介されている。
世田谷区や三鷹市では、地域住民や保護者が学校と連携し行う「コミュニティ・スクール」を導入して、地域との連携を重視。
また三鷹市では、小中一貫校化で、「9年かけて地域全体で子どもを育てていく」という考えを実践しているそう。

…引っ越したくなってきた。

いや、分かってますよ。それが親にとってもどんなに大変か、ということ…
ただでさえ公立は、役員だの、パトロールだの、旗振りだの、なんだかんだ保護者の出番が多いと聞いているから。
地域で育てるっていうのは、保護者にも負担がかかってくる、ということ…

めんどくさがりの私が、あまり大きなこと言えないんですが…(汗)
でも、安心して地域で育み、育まれたい。
ただでさえ、隣人とのつながりが希薄な、この東京だから…
そう願ってやまないです。。。



にほんブログ村 子育てブログへ ←やっと教育ネタは一区切り… お付き合いありがとうございました!

Comment

え~~! 

こんな二極化が起こっているんですか?
知りませんでした~。
ままりんさんのブログはお出かけ情報だけでなく、、色々役にたちます~。
AERAも読んでみたいです…。
私も100%公立の小学校と決めていますので、、こんなことが起こっているなんて知りませんでしたのでびっくりしました!
「コミュニティースクール」ってあまり詳しくは知りませんが、よさそうですね。
地域にかかわりながらってわかります。。
でも私もままりんさんと同様めんどくさがりやなので(笑)、適度にかかわりたいというか…。
友達が役員の会長みたいのをやったとき、、とても大変そうでした…。
  • posted by ざまき 
  • URL 
  • 2008.09/24 08:08分 
  • [Edit]

http://blog.goo.ne.jp/jce9902 

来年4月に小学校入学の我が家のお姉ちゃん。
我が家も小さいうちは公立で良いでしょう・・・と、言う考え。

今の保育園の友達とは違う学区の為小学校ではお友達が1人も居ない状態。指定学区の小学校は人気校で学区外の人は抽選になるのが数年続いているようで、いいのだけど少し心配です。
まぁ、子供のことだからお友達もすぐにできるよね~などと気軽に考えてますが・・・
たしかに不人気校は1学年10人っていうところもあって、やっぱり私も同級生は多いほうがいいという先輩ママさんたちと同じ意見。
しかも10分もかからない場所に人気校があるのに統合されないのはOBの権力が強い為だそうですv-393
それなりに、外国人学校を誘致したり努力はしているようですけどね~PTAは卒業までに消化するポイント制だとか・・・恐ろしい話です。
公立中高一貫校で国公立大へ・・・って魅力的♪
子供が中学になるまでに増えないカナァ

親って、悩みは尽きませんね~ポチっと。
  • posted by maki_n 
  • URL 
  • 2008.09/24 09:31分 
  • [Edit]

ざまきさんへ 

私も、自分のまわりの問題だけかと思いましたが、人口の多い区や市でも
同じように起こっていると知ってびっくりしました。
都心だから、子どもが少なくて1クラス/学年の学校が多いのかと思ってたけど、
子ども人口の多い町でも、不人気校では入学者が2桁ギリギリとかあるみたい…
図書館とかに行けばバックナンバーあると思うので、「AERA」の記事、読めると思いますよ。

私もほかの方のブログで、係とか役員、むちゃ大変そう…とおそろしくなっちゃった。
公立の宿命ですね。。。
でも親にとっても、おそらくこの機会を逃せば、ずっと地域とかかわることはなさそうなので、楽しみにしたいとは思ってるんですが…
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.09/24 22:03分 
  • [Edit]

maki_nさんへ 

そっかー maki_nさんとこのお姉ちゃんも今度小学校なのね。
指定学区内に人気校があるなんて、うらやましい~~
悩まずそこに入れられますもんね。
お友だちをゼロからつくらなければならないのは、子どもも親も不安だけど、きっとすぐにできますよ!
仲のいい子と入学しても、同じクラスになれるとは限らないしね…

地元住民やOBの反対運動とか起こると、統廃合はなかなか進まないですよね。。
「選択制」ってそんなときのための、格好の説得材料だわ。
それを集めるために、選択制続けるんじゃないかと思ってしまう。
うちから近い2校はすでに統廃合のウワサもあって、
「いずれなくなる学校に子どもを入学させてどうなのかな…」とも悩みます。

3年後はもっと悩んでるんだろうなー 状況も変わってそうだし。
それに「公立中高一貫校」も、中学入学までにできていてほしいな♪
ポチ、ありがとうございます。
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.09/24 22:15分 
  • [Edit]

 

とても勉強になりました~
我が家の地域は、未だ選択性ではなく
学区内の小学校、中学校へ、当たり前のように
通っているので
選択性なの~って聞くだけで
最先端、都会だわ~
きっと、いい事ばかりに違いないなんて
能天気に考えてました(苦笑)
こうやって記事読むと、確かに良いことばかりじゃないですね。
そういえば、隣の市(選択性有)では、突然、小学校が途中で閉校になって、近くの小学校と統合されてるという事態が起こり、そりゃ大変だったみたいです。
お兄の保育園時代の友達が何人かその小学校に通ってたのですが、3年生の時に、突然、また統合される学校へ行くか、もしくは、この際だから人気校にうつろうかと、かなり悩まされたそうです。
何だか、親の悩みが増えてしまうだけのような気もしますよね。

  • posted by くう 
  • URL 
  • 2008.09/24 23:54分 
  • [Edit]

 

私の住んでいる地域はまだ選択性ではないです。
今の住居だと、自由学区になっていて2校から選べますが、どちらも徒歩10分~15分程度かな。
実は、息子が小学校に入るまでに、家を建てるか今より広いアパートを探すかなどして居住地を定めようかなと考え中なんです。(今のアパートは子供二人では手狭なので。)
その際に地域の小学校について研究しようかなと。
地域の評判だけでなく、小学校の先生をやっている友人に内情を確認しようかな、なんて思っています。
その時にはきっとものすごく悩みますね。
でもよく考えるとそんなに遠い将来じゃないんですよね。そろそろ考えるのにいい機会かも。
ままりんさんの記事はそういう意味でいい啓発材料になりました。☆
  • posted by きうい 
  • URL 
  • 2008.09/25 11:47分 
  • [Edit]

理想と現実のギャップ 

江戸川区在住なんだけど、うちの近所では二極化してるという噂は聞かないなぁ・・・。人口が多い=葛西周辺のことかしら。
でもうちの場合、学区で決められている中学校は大通りを通って徒歩15分。でも隣の学区の中学校は静かな住宅街を徒歩5分。だから選択制なら隣区の中学校に行かせたほうがいいんじゃないかなぁ~、とは私は思ってました。
ただそれはまだ中学校については先の話だと思って、2つの中学校のことをまったく調べず地理的な面、安全面だけで考えた場合のことですが。

ままりんの記事を読んでて、選択制って理想と現実のギャップに苦しんでいるのが現状、なような気がしました。
理想がそのまま現実になればきっと各学校間の特色が顕著になったり、いい意味での競争になったりと、児童にとっても保護者にとってもいい環境になっていくんだろうけど、ままりんの近所の人たちのように「児童数が多いから」という意外な!?理由で学校を選ぶようになってしまうと、ギャップが生じてしまいますよね。
選択制を導入するのであれば、非人気校をフォローして人気校との格差ができないようにするとか、学校側も人が集まるような努力をするとか、いろんな意味で意識改革を行っていかなければならないと思うんです。
上にもどなたか書いてましたが、親にとってはほんとに頭の痛い問題が多いですね。
  • posted by Shika 
  • URL 
  • 2008.09/25 15:58分 
  • [Edit]

 

ままりんさん、読んでる本が違うわ!!
公立・私立・・学校選択制を考え
立派に記事にしてらっしゃる!!

小・中と公立を考えてますが、
今のクラスの荒れ状態を見ると
このメンバーでの中学は正直勘弁して欲しいのもあって
本人がもっと勉強したいのであれば
のほほ~んとしてられないわっ!

もっと子供のことを良く見てよく考えてやって
流されることなく寄り添っていけたらと・・・

二極化・・そんな現象が起きてるのですね・・・

とっても勉強になりました♪ありがとうございます!
ままりんさんのことだから、
きっとりんりんちゃんはいい方向へ進まれると思います!!

応援☆
  • posted by めぐめぐ 
  • URL 
  • 2008.09/25 19:24分 
  • [Edit]

くうさんへ 

私も、選択制はいいことばかり、と思ってました…
もちろん、いいことのほうが多いと思いますよ。
でも、実際はこういう負の部分もあるんです…

お兄ちゃんのお友だちの話、考えさせられちゃう。
せっかく入ったのに、また学校を替わるなんて…!
うちの周りの学校も統廃合の対象になっているようだから、充分起こりうる話だわ。
選択制する前に、さっさと統廃合するなり「学校再編」をしっかりやってほしいです。
ほんと、入学前になったらまた悩みまくるんだろうな…
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.09/25 22:13分 
  • [Edit]

きういさんへ 

わぁ、家を建てるなんて、いいな~~
やっぱりみなさん、引越先を考えるときは、子どもの学校問題を考えているみたいですよ。
小学校の先生なら、ふかーい内情も教えてくれそうですね。
ぜひ、いろいろ相談したり、自治体の政策を比較検討したりして決めてくださいね。

うちは、中古の古~いマンションだけど買ってしまったので、当分引越はナシ…
なのに先日、「人気校」の近くのマンションの条件がよくて、つい見に行っちゃった…(笑) 
買い替えはさすがにムリなのにね~~
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.09/25 22:20分 
  • [Edit]

Shikaちゃんへ 

アエラの記事で各学校の入学者数と入学率の一覧が出てるので興味あったら見てみて。
いま見てみると、私にはエリアまで分からないけど、江戸川区も入学率100%を越える学校もあれば、30%台のところもあるね。入学数1ケタ!の小学校もあるよ~(驚)
Shikaちゃんちの周りは安定しているようでよかったね。

どの制度にもいいところと悪いところ、理想と現実が出てくるのは仕方ないとはいえ…
でも、もともと公立に競争原理を持ち込むのはムリがあったんじゃないかと思います。
小学校校長先生のブログ読んでたら選択制のこと興味深く書かれてて、それによると…
やはり公立だから、がんばって「人気校」になっても報酬が増えるわけでなく、逆に生徒が増えて仕事やいろんな問題も増えるから、教員側としては人気校になることにメリットを感じないらしい。逆に「不人気校」になって廃校になっても、ほかの勤務地に転勤するだけだから痛くもない。
だから、公務員がやっている限り、よくなるのか…という疑問は残るのよね…
もちろん、選択制になってからものすごく努力して、個性を打ち立てて質もあがった学校もたくさんあると思うし。学校公開とか増えて、教師にも緊張感が生まれるようになった、などのメリットもあったとも書かれてますが。

ほんと、選択制によって不人気とされてしまった学校をフォローすることを考えてほしいです。
「児童数」って、考えてみれば大切な問題なのよね~。どんなにいい学校でも、そこをまず解消しないと、選ばれない理由になってしまう…
公立だからはっきりいって、中身にそれほど差はつけられないし、現実は、そういうとこが判断基準になってしまうのかもね… 「校舎が新しいから」「冷暖房がついてるから」「中学受験しそうな子どもが多いから」とか、そんな理由も多いらしいよ。
選択制は満足している人のほうが実際は多いんだけど、ひずみが大きくなる前に、改善の道を模索しなければならない時がきつつあるのかもね。
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.09/25 22:46分 
  • [Edit]

めぐめぐさんへ 

いつも読んでるわけじゃないですよ~~
(でも、広告が好きなので、見出しだけはチェックしてます)
選択制については、先輩ママから聞いて以来、ずーーっと「みんな満足してるわけ!?」ってギモンだったんです。
でも、自治体のアンケート結果とか見ると、やっぱり「選択制に満足」と答えている人はけっこう多くて…
「ウチはハズレだったと我慢しなくちゃいけないのかな…」とあきらめていたところに、
アエラの見出しを見て、ソッコー読んでしまいました(笑)

めぐめぐさんの記事読んで、ちょっと公立が心配になったりもしましたが…
お姉ちゃんのクラスだけなんですかねー?
低学年からそんな状態だと、さらに上…と考えると躊躇しちゃうの分かります。
私も周りに「流されることなく」(ムズカシイけど…)、子どものこと考えてあげなきゃなぁ。
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.09/25 22:57分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。