ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ母子旅行(9)―ガイドさん、現る

さっそくトラブルに遭って、テンション下がったままの車内。
しばらく走っていると、やっと道端に立つガイドさんを発見!
今度は、女の人。
「こんにちは~」と、暗い雰囲気をかき消すように大きな声で車に乗り込む。
ウトウト寝かけていたりんりんは、起こされてかなり不機嫌そう。
「名前は?」「いくつ?」と聞かれても、イヤイヤするように私にすがりつく。

彼女、ユリさんは自己紹介したり、今日のコースの説明をしてくれた。
たしかに日本語ペラペラ! 
ガイド歴も長そうで、こちらの質問にもていねいに答えてくれる。
私もやっとひと安心…

さて、ずい分時間をくっちゃったけど、ようやく旅も再スタート。
ウブドの東、スマラプラという町の郊外にあるサファリパークへ向かう。

彼女は車の中でもいろいろ話をしてくれた。
「私も、りんりんちゃんと同じくらいの女の子がいるんですよ」
ひとまわり離れたお姉ちゃんもいて、2人の女の子のママさんらしい。
妹ちゃんを産んだときは、ユリさん38歳だったそう。

インドネシアで高齢出産…! 
なんとなく、〈途上国では結婚・出産は早く多産〉というイメージから、
その意外性にびっくりしていたら、
「私の姉は41歳で3人目を産みました」と、さらに驚きの発言。
現代バリ人の出産事情って、意外に日本と似ているのかも…!?

しばらくして途中、
「バトゥブランにはアタバックで有名なアシタバの自社工房があります。
 工房見学やショッピングもできますが、寄っていきますか?」とユリさん。

ツアーでは、たいがいこういう工房やみやげ店に連れてかれることが多い。
でも、アシタバといえば、スミニャックで行ってみたかったけど行けなかった、
超・有名店!
りんりんもちょっと車を降りて休憩したほうがいいかな、と思って聞くと
「おりたい」というので寄ってみることに。

工房にはすでに何人かの日本人でにぎわっていた。
まずは工房の人の説明を受けながら、見学。

      RIMG0098a.jpg
      ↑乾燥させたアタをていねいに編んでいる職人さん

アタとは、バリに自生するツル植物の一種。
このアタを使って編んだ伝統工芸品は、バリみやげの定番になっている。
とくに日本人女性には、カゴバックが人気!

  RIMG0097b.jpg ←編んだら数日間、天日干しに

                RIMG0095b.jpg
                ↑その後、ココナッツの皮で燻す

ユリさんは見学の間、りんりんをずっと抱っこしてくれた。
うれしかったのは、りんりんが嫌がらず楽しそうだったこと!
これまで私以外の人には警戒心が強かった彼女だったのに…

見学が一通り終わると、私はやっぱり販売のほうも見てみたくなった。
りんりん、どうしよう… と思っていると、ユリさんが
「りんりんちゃんは私がみてるから、中を見てていいですよ」とひと言。

りんりんに「ユリさんとここで座って待ってられる?」と聞くと、
どーぞどーぞ、っていう感じ。
それどころか、お店を見ている間、キャーキャー笑うりんりんの大きな声が店じゅうに響き渡っていた。
さすがユリさん、2児の母! 子どもと遊ぶツボを心得ている。

        RIMG0100b.jpg
        ↑すっかりユリさんになついたりんりん

やっぱり日本語話せるガイドさんをお願いして、よかった… 
しかも、バリのママさん! 
トラブルもあったけど、彼女がガイドでラッキーだった。

何といっても、りんりんがやっと笑顔でバリの人と交流できたのが、
私には1番うれしく…
それに1人で自由に雑貨みる時間なんて、まさか持てると思わなかったしね。

その結果…
      DSCF0020a.jpg←まったく予定のなかったアタバック、衝動買い☆

テンション上がりつつある小旅行、まだ続きます!
                                   第10話


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ←ランキング参加中!1日1回ぷちっとお願いします

「バリ島母子旅行」カテゴリーのほかの記事も読んでみたい!と思われたら…
こちらの「記事一覧」からどうぞ♪


Comment

コメントありがとう 

***旧ブログにいただいたコメを一括コピペしています***


バリ☆ (くろくま)

2008-07-11 00:46:20

mixiからきました
いつも楽しく日記拝見させていただいています。
いまいちコメントの仕方が分からなかったので、今までコメントするの躊躇していました...

バリ旅行素敵ですね
私も8月末からバリに行く予定なので、凄く参考になります

スミニャックのヴィラも素敵でした
アタバックこれからの季節活躍しそうですね

続き、楽しみにしています








おおーー (セバ)

2008-07-11 05:25:52

ガイドさん!!
スバラシイ働き!!
お子さんも良かったですね








らっき~!! (maki_n)

2008-07-11 09:17:20

やっぱり、キレたもん勝ちなのかな・・・
でも、りんりんちゃんがなついてくれたなんて最高なガイドさんでしたね
よかった、よかった

アタバック、私も衝動買いしちゃうなぁ・・・
いくらぐらいするものなのかしら???
興味津々








Unknown (めぐめぐ)

2008-07-11 17:52:16

先ずは、日本語を話すガイドさんを手配するよう
妥協しなかったままりんさん、さすがでした
嫌な空気の車内ではもちろん英語で交渉されたんですよね♪
すごいわ~~

りんりんちゃん、ユリさんにはなにかを感じたのね!
良い笑顔で安心してるよう
アタバック、素敵なのGETされましたね!!
象に乗れるスポットが出来たなんて楽しみにしています♪
ぽっちん








お返事☆ (ままりん)

2008-07-11 18:50:36

 くろくまさん
ご訪問&コメントありがとうございます。
バリ旅行は8月末ですか! うらやましいです~
帰ってきたばかりなのに、またバリに行きたい病です。
これから準備で忙しくなりますね♪
参考になるか分かりませんが、お役に立てたら幸いです。

 セバさん
ほんとスバラシイ方でした。
バリでは、お店やレストランに行くと、従業員が子どもの面倒を
みてくれるから親はゆっくりできる、という話をよく聞いていました。
バリの人は子連れにやさしーんですよ。








お返事☆ (ままりん)

2008-07-11 19:23:30

 maki_nさん
私の抗議で、スペシャル・ガイドを用意してくれたのでしょうね(笑)
でも誤解してほしくないのは、「キレたりゴネたりしたらトクをする(勝ち)」のではなく、「理不尽にきちんと抗議しないとソンをする(負け)」ということなのです。
どこを旅しても「日本人は何しても文句を言わない」と思われてますからね…
アタバックは20万5000ルピ、約2400円かな。
アシタバは定価で値切れないんだけど、工房は店舗より安くで買えます♪

 めぐめぐさん
どうしても短期間の旅行だと、トラブルで台無しにしたくないし、
「ま、いいか…」と思いがちですよね。
私もあやうくそうするところでしたが…
パッカー時代は、欧米人を見習って?理不尽は絶対許さず徹底主張してたけど。
ゾウに乗れるのは昔からあったのかしら?
バリはどんどん観光スポットも充実してきてるようです。








Unknown (きうい)

2008-07-12 05:55:40

ご無沙汰しました~。
きゃーバリ旅行3話くらい進んでいる~。
よかったですね、いいガイドさんになって。

やっぱりこういうところでパッカー魂が生きますね。アジアを旅していると、毎日のようにけんか腰になって疲れることもありました。
欧米人のパッカーなんかそこまでやるか!ってくらい抗議しまくって歩いていますけど。

日本人は何してもニコニコして済ませると思う輩が多いのでほんと、毅然と対処したままりんさんに拍手。
次に行く日本人のみなさんのためにもなります。

何よりりんりんちゃんが楽しい交流ができたというのはいい思い出になりますよね。

ユリさんですか。よくある名前なのかな?
昔、インドネシアからの研修生のユリさんという方とお話したことを思い出しました。
まさか同一人物!?ではないと思います。もう少し若かった(現在30代前半くらい)かな。

インドネシアで高齢出産というのも元気づけられました。
実は私も思い切り高齢出産。もうすぐ2人目、がんばります。










そうですね~ (maki_n)

2008-07-12 09:31:03

キレたもん勝ち・・・私の言い方が悪かったですね。。
反省

そうそう、キレればいいっていうものではないですものね
きちんと主張はしなくちゃね。当然のことですもの










Unknown (くう)

2008-07-12 10:12:54

素敵なガイドさんで、親子共々楽しい思い出になってホント良かったですね~
りんりんちゃんの中では、今も「バリのママ」って感じで残ってるのかな。
そういうのっていいよね~
ウチもモルディブのママ探そうかしら(笑)
アタバックって知らなかったです~
これからの季節によさそうですね~
りんりんちゃんは女の子だし、その内りんりんちゃんが持ち歩くようになるかもね。親子代々って事で☆








お返事☆ (ままりん)

2008-07-13 01:05:27

 きういさん
よかった、元気そうで安心しました♪ でも、ムリしないでくださいね。
私ももし今から産めば、思い切り高齢出産ですヨ。
でも、うちは当初からダンナは2人以上考えてないようだし、りんりんにはかわいそうだけど1人かな…
ユリさんには「まだまだ、大丈夫ですよ」なんて励まされたけど?
ユリって日本人みたいな名前ですね、て言ったら
「7月」という意味なんだって(7月生まれだから)。
でも、7月ってJuliって書くみたいなんだけど、「ジュリ」だったのかしら? たしかにユリと聞こえたんだけど…

私も昔は、ボラれないよう、だまされないよう肩肘張って旅した頃もありますよ。
でも、ボラれるなんていうのは、「お客様は神様」という日本で育った私たちの感覚なんですよね。
スキあれば1銭でも多く、というのはあちらにとっては当然の感覚なので、それに対して文句やグチを言うのではなく、不正であればきちんと抗議できるようになりたいと思っています。
なんか今回の旅はパッカー時代のようでしょ…(笑)








お返事☆ (ままりん)

2008-07-13 01:20:44

 maki_nさん
いやいや、こちらこそ言い方大丈夫だったかしら…?
この2つの感覚ってとっても似ているので、混同される方はたくさんいると思います。
たぶん、だから日本人は抗議することを避けようとするのかも。
怒るって、実はすごくパワーが要るので疲れるし。。

 くうさん
昔出会ったガイドさんもそうだったけど、バリのガイドさんは、いい人はほんとに一生けんめいに案内してくれます。
その土地の印象って、出会った人(とくに地元の人)で決まりますよね~
モルディブの母、っていうのもカッコイイかも!?
アタバック、最近は日本でも夏になるとよく売られてますよ~
りんりんが使えるような年まで大切に持っておきます♪








Unknown (ようじ)

2008-07-13 01:36:03

こんにちは。
おじゃましました。
またよらせてください。








お返事☆ (ままりん)

2008-07-13 22:11:39

 ようじさん
はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。
また遊びに来てください。


  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.07/20 14:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。