ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ母子旅行(8)―幸先、不安…?

3日目の朝――ヴィラで最後のプールを楽しんで、バタバタと荷造りし、
11時前にはチェックアウト。
最後にはヴィラのオーナーまで見送りに出てきてくれた。
ほんとにステキなヴィラ滞在だった。ありがとう!

      RIMG0037a.jpg
      ↑ウリン・ヴィラの玄関

さて、いよいよ本日は、スミニャックからウブドへ向かう日。
私は今朝からずーっとりんりんにパンフの写真を見せ、言い聞かせていた。

「今日はいっぱい車に乗るけど、りんりんはゾウさんに乗りたいでしょ? 
 だから車もガマンできるね? それに今日は日本語しゃべる人も来るのよ」
うん! りんりん、ゾウさんに乗りたいからがまんする

ホントは4日目に行こうと考えてた「エレファント・サファリ」を、
ついでというか、本日の大移動にくっつけてしまうことにしたのだ。
ちょっと遠回りにはなるんだけど、2日続けて長時間ドライブをガマンさせるよりは、1日でまとめちゃったほうがりんりんにもいいと思って…

そう、この旅ではりんりんに“ゾウに乗る”という体験をさせてあげたかった。

バリにはゾウのサファリパークがいくつかあって、子連れに人気のアトラクションになっている。
(ちなみに昨年は「バリサファリ&マリンパーク」もでき、ここではゾウ以外にもいろんな動物と触れ合うことができるそう。ロッジもできたので、ぜひいつか泊まってみたい!)

そこで昨日、空港でかき集めておいた現地旅行会社のパンフの中から、あれこれ検討。
ずっと英語を聞かされる日々が続いてりんりんも落ち着かないようなので、
少々高いけど、日本語ガイドのいるツアーを探し連絡してみた。
すると、スミニャック発ウブド着のエレファント・サファリツアーを組んでもらえることに。

ロビーで待っていると、「コンニチハー」とひょろっとした男のガイドさんがやってきて、私たちは「よろしく」と車に乗り込んだ。
りんりんはバタバタ抵抗したけど、「これに乗らないとゾウさんに乗れないよっ」と脅すとおとなしくなった。

しばらくすると、ガイドは運転しながら自己紹介した。そして、
実は…ぼくは日本語が話せないんです。あなたは英語大丈夫ですか?
と英語で聞いてくる。
私は、あれ?と思いつつ、「少しはしゃべれるけど…」
ああ、よかった」とホッとするガイド。

え、ちょっと待ってよ… 
これ、日本語ガイドのツアーじゃなかったっけ?
私はパンフを広げ確認すると、やはり「日本語ガイドつき」と明記している。
なんで!?

ま、いっか…とも思いかけたけど、りんりんの「にほんごしゃべらないねー」というひと言で、はっと我に返った。
そうだ、今日はりんりんのためにわざわざ日本語ガイド頼んだんじゃない!

私は車を停めさせて、「これでは話が違う。あなたの会社と話がしたいから電話して」と訴えると、彼はちょっとオドオドしながら携帯を取り出した。

電話をかわってもらい、「子どものためと思って日本語ガイドのツアーをわざわざお願いしたのに…」と抗議。
向こうは最初、「このツアーには日本語ガイドはついてないんですよ
なんて言うからアタマに来た。「パンフに書いてるじゃないですか!」

ごまかしたのか本当に間違えてたのか、分からないけど、結局
「こちらのミスでした。今から別のガイドを手配して途中で拾わせます」と謝ってくれて、一件落着。

ちょっとォ、大丈夫 !? この会社…
ボラれる、だまされる、なんて海外旅行ではつきものだけど、
まさか日本人経営(っぽい?)旅行会社でこんなトラブル起こるとは思わなかったわ。
おかげで、車内はしばらく沈黙の重ーい空気。
ガイド君にはかわいそうだったけど、アナタのボスが悪い。

いきなり雲行きあやしいスタート…!?
                                            第9話へつづく


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ←ぷちっと押していただけると、またがんばれます

「バリ島母子旅行」カテゴリーのほかの記事も読んでみたい!と思われたら…
こちらの「記事一覧」からどうぞ♪


Comment

コメントありがとう 

***旧ブログにいただいたコメを一括コピペしています***


わくわく (セバ)

2008-07-09 02:45:06

幸先不安のスタートですけど、
象に乗ったときの話、楽しみです

子供のために少し高くてもってガイドを頼んだのに・・
ありえないーーー










頑張って (ふつつかママ)

2008-07-09 10:20:05

子供連れで海外はやっぱり大変。空港に行くにも一苦労ですよね・・・私も、今月18日から、アメリカに出発なので今からげんなりです。着いてしまえばパラダイスなのですが・・・象さんに乗れるなんて羨ましい。いい思い出になりますね。楽しんでください








そうだね~ (maki_n)

2008-07-09 10:34:42

うんうんそのガイドさんには悪いけど、ボスが悪い

日本人は無き寝入りするからと、バカにしているとしか思えない

りんりんちゃん、無事に象に乗れるかな~

ぷちっ








抗議するべき! (あっく)

2008-07-09 12:37:44

ままりんさんの行動は大正解ですねー!
私も絶対抗議したと思うもん。
バリ在住のお友達に、日本の旅行会社のバリ支店であっても両替は目の前で数えなおしてね!なんて言われたくらい、いいかげんな人は多い。故意かどうかは別としても。。。
話がすぐに伝わらないのもそうですよね。面倒臭がってなんとか押し切ろうとするんですよね。
しっかりと伝えて偉いです!
りんりんちゃんも日本語しゃべんないねーなんてナイスなつっこみですね^^








お返事♪ (ままりん)

2008-07-09 20:45:17

 セバさん
昔だったら、現地のドライバーと交渉して
少しでも安くあげることに精を出していたんだけど、
子どもがいるとそういうわけにはいかないし…
日系旅行会社なら安心かな、と思ってたのに、ありえないでしょーっ(怒)

 ふつつかママさん
出発、もうすぐじゃないですか~~
いいなあ。準備期間も大変なこと多いけど楽しんでくださいね!
実は私、アメリカはまだ未踏の地… 行ってみたいです。
でもアメリカは機内で過ごす時間、長いですね。がんばって~~~!









お返事♪ (ままりん)

2008-07-09 23:43:04

 maki_nさん
これが故意だとすると、くやしいですよねー!
旅していると、よく日本人旅行者をだまくらかして稼いでいる在住日本人の話を聞きます。
でも、まあ、わざとだったとは思いたくないので、
単純に手配ミスだったんだと思うようにしています。
ぷち、ありがとうございます!

 あっくさん
ほんと、りんりんのナイスな?ツッコミのおかげで助かりました。
話がこじれて、今日の予定が狂うのもイヤだったし、
「ま、いっかー」て最初は思っちゃったもん。
これがローカルとのやりとりだったら、こういうことはしょっちゅうだったし、
「これもバリさ」って許せるところがあるけど…(もちろん抗議はするけどね)
「日本の旅行会社だから安心」とは、現地の人でも思ってないんですねー!


  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.07/20 14:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。