ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア子連れ旅行(11)―KLパワスポ!?巡り

KL市街地の一角にあるチャイナタウンに宿をとった私たち。
さっそく町を歩き出す。
初めての地、まずは土地勘をつかむため通りを把握しなくちゃ~~

夜には名物ナイトマーケットが開かれるため、
まだ昼下がりのこの時間は落ち着いているはず・・・と思いきや、
すでに路上は、屋台を引いて歩く地元の人や世界各国からの観光客でごった返している。


     DSCF3344d.jpg←どいた、どいた~~
        らっしゃい、らっしゃーい!→DSCF3346d.jpg

果物やスイーツ、洋服にカバンに・・・見て回るだけでも屋台は楽しい♪
めずらしい屋台フードにもそそられるぅ~
だけど、りんりんも私もずっと下痢が続いていて、
まだ1日残っているしとりあえず今は手をつけないでおこう…(涙)


ずんずん歩くと、寺院が並ぶという通りに出た。
あった、あった、これが中国寺院「関帝廟」ね!

    DSCF3348d.jpg
    ↑中国のお寺はやっぱり派手だわ~
    ぶらさがっている巨大な渦巻はお線香!→DSCF3351d.jpg


ここでは三国志の武将・関羽がまつられている。
(かんていびょう・・・なんか聞いたことあるなーと思って調べたら、
 横浜の中華街にもあった! 世界各地にあるらしい)

こぢんまりとした寺院で、中はひと気も少なく静まり返っている。
日本のに比べてずいぶん太いお線香を供える中国系の人が1人、2人・・・

りんりんは、日本のとはちょっと違うお寺に興味津々、
真っ赤な柱や渦巻線香が気になって、チョロチョロせわしない。


関帝廟を出て、ちょっと歩いた通りの向かいに、
これまた目を引くインドのお寺「スリ・マハ・マリアマン寺院」が出現。

      DSCF3352d.jpg
      ↑暗くて分かりにくいけど、色鮮やかで見事な山門!


マレーシア最大というヒンドゥー寺院。
中に入ると何か儀式が始まるようで、楽器を演奏するおじさんや、
たくさんのインド系参拝客がいた。

いま入っていいのかしら…とためらっていると、
おじさんが「入れ、入れ」と手招きしてくれる。
身振り手振りでカメラを指すと、写真も撮ってもいいとのこと。

      DSCF3354a.jpg
      ↑ヒンドゥー式のお供え? 何が始まるのか…演奏者も待機


やがて音楽が奏でられ、儀式が始まった。
鮮やかなサリーをまとった女性たちが整列して登場、
お祈りしたり、奥の小部屋では何やらお経らしきものを唱えているような気配・・・

       DSCF3355d.jpg
                       DSCF3357d.jpg


これが日常のお祈りなのか、特別な儀式なのかはよく分からないけど、
神聖な空間で不思議な音色とお経に包まれていると、
学生時代に訪れたインドの旅を思い出し、時計の針が逆戻りしていくよう・・・

離れがたくて、ひと通り儀式が終わるまでその空気に身を委ねていた。
りんりんが退屈して「行こうよぉ」と言い出すかな…と思ったけど、
意外にも彼女も興味深そうに最後までこの儀式を見守っている。


不思議なパワーをもらって、私はやっぱモスクにも行きたくなった。
中国寺院、ヒンドゥー寺院、…とくればマレー人のモスクを見ないわけにはいかない!
マレーシア3大民族の宗教寺院」ってガイドブックにも載ってるしさ~~

もうモスクはいい、としぶしぶのダンナに対して、
りんりんは「モスク行きた~い!」と意外な反応。
シブい5歳児! モスクに行きたがるとは・・・

ほんとはKL郊外にある「ブルーモスク」に行ってみたかったけど、
チャイナタウンからそう離れていない「国立モスク」へタクシーで向かう。


      DSCF3358d.jpg
      ↑高さ71mのミナレット(尖塔)がそびえるモダンな建物!

国立モスク(マスジッド・ヌガラ)はとってもユニークなデザインで、
ドーム部分は傘のような形になっている。
外から見ると、あまりモスクっぽくないな~


何も考えずに行ったんだけど、
礼拝の合間に観光客が見学できる時間帯があって、
タイミングよく10分ほど待てばその見学時間になった。
ラッキー♪

入口で靴を脱ぎ、女性はスカーフ…というより、
全身を覆い隠すマントのような衣類を貸してくれた。

    ヘヘヘ…魔女じゃありませーん→DSCF3372d.jpg

りんりんは、私のおかしな格好に大ウケ。
さらに、持っていた私のスカーフをりんりんの頭に巻いてあげると大喜び。
コタ・バルでスカーフ姿の女性や子どもを見て、
自分もやってみたかったらしい?


        DSCF3374d.jpg
        ↑一度に3000人を収容できる広々とした礼拝場

礼拝場の中は入れないけれど、入り口にはガイド役の人が何人か立っていた。
モスクやイスラム教のこと、モスリムの規律や礼拝の仕方など、色々話してくれるし、
こちらから質問したことには真摯に答えてくれる。
各国語のパンフレットも用意されており、日本語もあった。


KLに来て、改めてマレーシアって多民族国家だったんだなぁ…と感じる。

それにしても初のKL観光が寺院めぐりとは、ちょっとシブすぎやしないかい・・!?
まぁ、りんりんだってけっこう楽しんでたし、いっか。
(どこに連れてってもまだ喜んでくれる年だからねー)

マレー3大宗教のパワーをもらって、なんだか元気も湧いてきた私。
これだけでもう、KLに来て大満足ーー


それじゃあ次は、KL超初心者らしく、おのぼりさんになって
KLタワーにでも行こうじゃないの~♪



    ☆☆このマレーシア旅行記のもくじはコチラです☆☆



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ ←そろそろ年賀状も考えなきゃ~~と焦っている私に、ポチッと


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。