ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010秋・山行記録③*1泊2日箱根・金時山

前回の大塚山の長~い下りを経験して、
またまた「山いきたくない」モードになってしまったりんりん。

反比例して、私たち夫婦はヒートアップ!
この時期は、紅葉のすばらしさと、登山オフシーズン突入前の焦りもあって、
今のうち山にいっておきたい、という思いに駆られてしまう。

ちょうど秋晴れが予想された11月20~21日、
箱根に温泉旅行がてら、金時山に挑戦することに!


金時山は神奈川県(箱根・仙石原)と静岡県の境にある山。
昨年の春ごろに「アド街」で紹介されたのを見て、
ファミリーや女性にも人気、何よりも富士山が見える頂上からの眺めに感動して、
「いつか行きたい!」と思っていたのだ。

りんりんに「お泊まりだよ」「温泉もあるよ」「富士山が見えるんだよ」
「箱根だから遊ぶところもあるよ」と甘ーいコトバをささやいても、“行かなーい”。
よっぽど懲りてしまったのか・・・
最後は半強制的に連行。


金時山の人気の理由のひとつに、アクセスのよさがある。
新宿から30分おきに高速バスが発車し、2時間ほどで仙石原に到着。
おりたバス停が登山口、というのもウレシイ。
朝早く出れば、日帰りも可能だ。

ただし、この時期は、一番混む時・・・
中央道の渋滞のひどさも聞いている。ま、のんびり行こう。
りんりんも「シーバンド」があれば、バスだってへっちゃらだもんね~

…と、油断してたのがまずかった。
朝の混雑を避けようと、のんびり家を出たら、もうお昼になってしまった。
バスの中でパン屋で仕入れたパンを食べさせたばっかりに・・・
りんりんは、途中から「気持ち悪い・・・」と言い出し、あぁ、また・・・!!


何度かもどしてはぐったりと寝て、またウッときては、寝て…の繰り返し。
2時間で着く予定が3時間半もかかり、その間、りんりんは悲惨な目に…

バスを降りて生き返ったりんりんは、ボソッと「シーバンド、意味ないじゃん」。
今回はバスの中で食べちゃったからよ、帰りは大丈夫!と必死に言い聞かせる。
シーバンドにはもうちょっとがんばってもらわなきゃ~~


初日は、仙石原で名物のススキの原っぱを見に行きたかったのだけど、
遅くなったり、りんりんの体調のことで、中止にした。
代わりに、「星の王子さまミュージアム」へ。

      DSCF3774a.jpg
      ↑王子さまと♪


私は、小さいころアニメを見たくらいの記憶しかなくて(たぶん読んでると思うけど)、
さーーっと見て回る程度だったけど、
サン=テグジュペリが好きだったというダンナは、うれしそうに見ていた。

でも、5時を過ぎると真っ暗になり・・・

      DSCF3778a.jpg
      ↑クリスマスのイルミネーションが!


せっかく1泊2日にして仙石原で観光しよう♪と色々調べてったのに、
結局、見られたのはここだけ・・・

今回泊まる「金時山荘」に戻り、温泉に浸かる。
知らなかったけど、向かいの「乙女山荘」は女性ハイカーに人気らしく、
こちらの山荘には女性客はわが家以外に1人だけだった。
なので、女性風呂を貸切で家族風呂にしてもらえた♪

夕飯も民宿にしてはなかなか豪華! ボリュームもたっぷり。
家庭的な雰囲気で落ち着けた。部屋も悪くない。


そして、翌朝――8時に宿を出発。
金時山にはいくつかの登山口があるけど、
今回はわりとポピュラーな、公時(きんとき)神社から入るコース。

      DSCF3788a.jpg
      ↑神社の入口は紅葉もまだまだ見ごろ!

           DSCF3789a.jpg←まずはおまいりから♪

「金時山」の名の由来は、「金太郎」のモデルになった坂田公時が
この山で育ったことからきている。
(しかし、私もダンナも金太郎の話をよく覚えてなかったので、
 さっそく帰ってから図書館で借りてみんなで読んだ・笑)


神社から頂上までは高低差約490m、1時間20分のコース。
前半は山の中を歩くので、暗くて眺望もなし。

それにしても、子連れが多い! りんりんくらいの子どもも。
それがまた、けっこう速いのだ。
同じくらいの子にスタスタ抜かされているりんりん…
(りんりんにけっこう荷物持たせてたからかもしれないけど…)
ほら、がんばれ、がんばれ!

あと、特徴的なのは、若い女性が多いこと!
「山ガール」率が、高尾山に比べても、ダンゼン高い。
山ガールに大人気の富士山を拝みに来るのかしら・・・

それにしても、みんなオシャレ。山スカート、定着してるな~
実は私、今、山のパンツを買い換えようと思ってずっと買えずに悩んでいる。
山ガールファッションって、いくつまで許されるんだろう?
アラフォーにはやっぱムリ…!?
あーゆーカラフルでオシャレなのを見慣れてくると、
昔ながらのベーシックなおばさん登山パンツはなんだか・・・だし、
ハザマでどっちに行こうか揺れる私~~


さて、りんりんは久々の登りにちょっとバテ気味だけど、
こないだの大塚山の下りよりかは文句も少なく、がんばっている。

      DSCF3792a.jpg
      ↑やっと展望がひらけてきた~~ 山頂はもうすぐ?


山頂に近づくにつれ、他のコースからやってくる人たちと合流するし、
早々と下山してくる人も増えてきて、せまい箇所は渋滞に。
子連れなので「お先どうぞ」と譲っていると、なかなか進めない。
なんだかんだ2時間ほどかかって、やっと山頂に到着ーーー!!

さぁ、富士山は・・・!?

      DSCF3795a.jpg
      ↑がーーん、雲隠れ~~(涙)


こんなに晴れてるのに・・・ 早くに宿を出たのに・・・
(金時山荘の女将さんいわく、天気や時間はあまり関係ないそう。運次第)

まぁ、富士山が顔を出すまで、おしるこでも食べて待っていよう。
(山頂には名物のお茶屋さんが2軒あり)
雲は左から右にどんどん流れているので、
もしかしたら切れ目からのぞける瞬間があるかも。

ほら、切れそうよ、切れそうよ・・・
頂上、こい~~っっ!


      DSCF3815a.jpg
      ↑雪化粧の頂が見えてきた!!


あ、富士山だ!! やったーー 富士山みえたよ!!
りんりんも大喜び。

みんながいっせいにカメラをかまえる。
私もりんりんを富士山をバックに立たせて、はい、ポーズ☆
(おかげでりんりん、あまり富士山見てない…? 笑)

こういうふうに、隠れたり、のぞいたり、をその後何度か繰り返した。
そのたびに、「わ~~い、富士山だよっ」とはしゃぐりんりん。


山頂からの眺めは富士山だけでない。
ぐるりと箱根一帯が見下ろせる。

      DSCF3818a.jpg
      ↑登ってきた仙石原・芦ノ湖方面


この日はあたたかくて山頂も気持ちよかった。
いつまでもぼーーっとしていたいけど、帰りの渋滞のことを考えると
ゆっくりもしていられないので、下山することに。

眺望のいい乙女峠のコースを降りてみたかったが、仙石原の町に出るため、
行きとは少し違う矢倉沢峠経由の「金時登山口」へ降りるコースへ(1時間20分)。


      DSCF3820a.jpg
      ↑眺望も良く、なだらかな下り坂が続く

前回の下りに比べると、はるかに歩きやすいいいコース。
人もわりと少なめだし。
1時間40分ほどで下りることができた。

うん、金時山、やっぱりよかった!! 人気なだけある。
手軽な山なのに、眺望は抜群!
今度は違うコースからも登ってみたいし、雲に隠れてない富士山も見たい。


さぁ、仙石原の中心部に下りて、お昼ごはんを食べ、ひとっ風呂あびよう♪
立ち寄り温泉施設に行こうと思ってたけど、時間がなくて、
たまたま通りかかったホテル「マウントビュー箱根」のお風呂が
立ち寄りできるというので入っていくことにした。

露天は乳白色のお風呂(りんりん、初めて!)だし、
何より人が少なめでゆったり気持ちよく入れた。
あ~~ 山のあとの温泉は身体に染み入る~~♪


しかし、帰りのバスが想像通り、大渋滞。
5時間もかかったし・・・(汗)
御殿場でJRに乗り換えればよかった、と後悔しつつ、
でも、席がないだろうからのんびり寝て帰るほうがいい…と思い直してみたり。

りんりんは、帰りこそはシーバンドに守られたのか、
車酔いはなかった。ホッ
やっぱり車内でたくさん食べちゃったのがマズかったのかな…反省。

5時間も苦手なバスに乗っていたのに、降りたとたん、
楽しかった!! 星の王子さまも金時山も温泉もまた行きたい~」だって。
金時山の何が良かった?と聞くと(今回は山頂でお弁当を食べてないので)、
「富士山が見えたのがよかった」らしい。
次回もバスでいいそうです(笑)


後日談・・・
園からの帰り道、突然思い出したかのように
帰ったら富士山の絵を描く!」と言い出したりんりん。
山頂は雪で白いから、色のついた画用紙ちょうだい~と言って、
一生けんめい描き出した。
その絵がコレ↓

      DSCF3826a.jpg

見えづらいけど、山頂にちっちゃく立っているのはりんりんだそう。
(中腹の女性はとくに誰でもなく「人」(登山客)だそう)
おっと、りんりん、富士山登頂の夢を抱き始めたか!?
富士山の魅力にハマッたな。
がんばれ、未来の山ガール!(笑)



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ ←久々に更新ハイペースでがんばってる私…ポチお願いしま~す


Comment

NoTitle 

毎回コメントごめんなさい笑
金時山、ずっと我が家でも候補に上がっていたんです!!
やっぱり景色は最高なんですね☆
恥ずかしがり屋の富士山もチラっとでもみれてよかったですね。
いい時期にはやっぱり人がわんさかかぁぁ。
高尾山と同じくいつかチャレンジしてみたい!
  • posted by よーちん☆ 
  • URL 
  • 2010.12/02 09:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

ご無沙汰している間にハイペース更新ですね。
こんなにいろいろ山歩きしていたんだ~。
すごいな、りんりんちゃん。
りんりんちゃん、ついにシーバンドの効果が切れたか??とハラハラしました。
でも結果的に楽しかったようでよかったですね。
富士山がこんなに近く見えるんだ、とびっくりです。
さすが箱根ですね。

私は山ガールが流行り始めてから山に行っていません。
写真を拝見すると、私の山の服装はままりんさんにそっくりかな。
そうかあ・・。これからは山スカートじゃなくちゃダメですかね・・。
  • posted by きうい 
  • URL 
  • 2010.12/04 21:33分 
  • [Edit]

NoTitle 

そうそう、時代は「山ガール」ですよね!
持ち物やファッションにも楽しみがあると、登山そのものも更に楽しさが増すんでしょうね~★
かなり昔、バスフィッシングが流行った時も女性用の可愛らしいフィッシングベストや長靴が売られていたのを思い出しました。

それにしても、りんりんちゃん凄いわ~!
酔っちゃうのは可哀想だけど、回復も早いし、こんなに旅や登山の経験豊富な少女、、おそらくりんりんちゃんの右に出る子はなかなかいないのでは?
富士山という目標も出来て、まさに「山リトルガール」ですね♪
  • posted by あっく 
  • URL 
  • 2010.12/06 23:14分 
  • [Edit]

よーちん☆さんへ 

勝手に“山仲間”と思ってるよーちん☆さんからのコメント、
超~~うれしいです!(笑)

フフフ、やっぱり金時山はチェックしてたんですね~~
私は去年、「行きたい!」と思ってからしばらく忘れてたんだけど…(笑)
テレビで見た、“富士山ばぁぁーーん”は見られなくて残念だけど、
切れ切れにのぞく富士山も、それはそれで目が離せなくてよかったですよ♪
ぜひ、一度! 私もまたチャレンジしたい~~
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.12/07 22:05分 
  • [Edit]

きういさんへ 

こなんだか今年中に今年の旅と山は書き終わりたい・・・と思って
がんばっちゃいましたよ。マレーシアもやらなきゃ~~(汗)

山ガールのスタイルにも目が慣れてきたと思ったら、
最近は「山ボーイ」みたいな若者(スパッツみたいなのに短パンを重ね履き)も
ちらほら出てきてびっくり。
私たちの世代って難しいですよね~~
誰か、アラフォーでも恥ずかしくない、オシャレな山ファッション開発してほしいーー
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.12/07 22:12分 
  • [Edit]

あっくさんへ 

山ガール流行のおかげで、山登りが趣味と言っても恥ずかしくなくなりました(笑)
(ちょっと前まで、登山なんて高齢者の趣味の代表みたいなとこあったからな~)
そうそう、釣りも一時期脚光を浴びましたよね~
あ、でも今「釣りガール」みたいな言葉も登場してるみたい。流行再燃?

そうなの、りんりん、いつも酔って吐いても、乗り物を降りたとたんケロッと治るんです。
(あんなに吐きまくってたのがウソみたい…とこちらがびっくりするくらい)
いやいや、りんりんなんて登山経験、まだまだ!
金時山には、りんりんくらいのオチビたちがたくさんいましたよ~
しかも、歩くの速い! きっと丹沢やこのあたりの山できたえてるんだろな~って感じ。
“山リトルガール”、いつ富士山に登れるやら…?
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.12/07 22:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  • from  
  • at 2012.05.06 10:31

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。