ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア子連れ旅行(8)―コタ・バルへ

マレーシア旅行6日目の朝――
4泊したプルフンティアン島を、またスピードボートに乗って出る。

のーんびり、海で遊ぶ以外はなーんにもしてないのに、
なんだかあっという間に終わったなぁ。

そうそう、欧米人ばかりだったこの島も
滞在終盤にはアジア系の観光客をちらほら見かけるようになった。
私たちが泊まったPIRでも、滞在最後の夜にはいきなり2組の日本人客が!
(うち1組は小学生くらいの子を連れたファミリー)
久々の日本人、うれしー♪ だけど、もうこの島ともお別れ・・・


帰りのボートは、りんりんも酔い止めを飲まずに挑戦!
最初はシーバンドもしなかったりんりんだけど、
船が出てややもするとさすがに不安になったのか、
自ら「バンドする…」といって両手首にセット。
でも、最後まで大丈夫だった!


クアラ・ブスの港に戻ってからは、マイクロバスでコタ・バルへ。
行きと違ってほかにも客が5、6組、バスの中はいっぱいだった。
みなコタ・バルの空港で降りてしまい、
残った私たちは、コタ・バルの中心街のホテルの集まるエリアで降ろしてもらう。


さぁ~~、まずは宿をゲットしなくては!

初日KLとプルフンティアン島のホテルは出発前に予約していったけど、
その後のコタ・バルと翌日のKLの分は予約していない。

パッカー時代は、当たり前ながら行き当たりばったり。
よっぽどの事情がない限り、出発前に宿の予約を入れていくなんてなかったけど、
子連れになってからは、事前にすべて手配されてないと不安で・・・
今回、予約なしというのは、ほんとに久しぶり~~

だいたい、パッカー向けの安宿ならともかく、中級レベルのホテルで
それやっていいのかしら? …なんてちょっとは不安。


でも、事前に日本で予約していくとなると、
英文メールでのやり取りとか、クレジットカードの番号を知らせたりとか、
めんどくさいことが多いのよね~
今回は2ヶ所やっただけで疲れてしまった・・・

まぁ、なんとかなるっしょ、ダンナもいるしさ。
いざとなれば1人がりんりんと荷物の見張り番をして、
1人が空部屋を探しにいけばいい。


でも、心配も無用に終わり、コタ・バル1軒目の宿が空室もあって即決。
クリスタル・ロッジ Crystal Lodge」という小ぎれいな中級ホテル。
広めのファミリールームは、3人分の朝食が付いてRM169(約4500円)とお安かったけど、
窓がなかったのが残念・・・(部屋の写真すらも撮り忘れた)
1泊だけだし、ま、いっか。

      DSCF3331a.jpg
      ↑クリスタル・ロッジの屋上テラス。街を一望!

ガイドブックに「屋上レストランがある」とあってこのホテルを選んだんだけど、
残念ながらその日は営業してないとのこと・・・
やってたら、夕食は屋上テラスで♪と思ってたのに~~


ホテルの前には、なんともなつかしい、バックパッカー的?アジアンカフェ~~

      DSCF3284a.jpg
      ↑コピ(コーヒー)をすすってまったり・・・


プルフンティアンも楽しみだったけど、
元パッカーの私がそれと同じくらい(もしかしたらそれ以上に!?)楽しみにしていた
コタ・バルの町。
アジアとイスラムの香りがプンプンする、このマレーシアの地方都市散策へ、いざ!

まずはモスクや市場が集まる、中心エリアへ向かってみよう。
おなかもすいたしね~~(ちょうどお昼時)


      DSCF3289a.jpg
      ↑ただの田舎町と思ってたら、意外に都会?じゃーーん


しかし、激しい車の往来と排気ガス、灼熱の太陽にクラクラ・・・
りんりんも「あつい」「つかれた」「おなかすいた」の連発。

宿から15分ほど歩いたかしら?
やっと中心部に到着ーー!

      DSCF3305a.jpg
      ↑ピンクがかわいらしい、おもちゃみたいなモスクね(笑)


初日のKLでも、プルフンティアンでもあまり食が堪能できず、
おまけにおなかの調子も悪くなっていた私とりんりん。

この久々の都会、コタ・バルに来て目指したのは――

 「マクドナルド」!!


日本だったら胃腸が弱っているときに、
マックのハンバーガー食べたいなんて露にも思わないけど、
辛いマレー料理に比べれば胃にやさしそう・・・
海外では、マックさえも“なつかしい日本食”のひとつに思えてしまう。

それに、今はラマダン中。
町を歩きながら営業しているレストランを探したけど、どこもクローズ(涙)

いくらマレー・イスラム文化の濃いコタ・バルとはいえ、
グローバル企業「マクドナルド」ならやっているでしょう~~


…と思ってたら、、、

がぁぁぁーーん、閉まってるぅ~~~!!!

マックのガラス窓にべたりとはりつく日本人親子。
ハンバーガーぁぁぁ・・・


マックですらあいてないとなれば、どこかやっている店はあるのか。。。
あてもなく探し歩き続けるには、暑いし、疲れておなかも空いたし、
りんりんには酷。
近くの観光案内所で聞いてみようかと思ったけど、その日、土曜は休み。


うぅ・・やっぱり、ラマダン中は何かと大変だわ・・・

しかしこの街の人、みんな日が昇ってから何も食べてないのよね。
(厳しいところでは、水を飲むことも、つばを飲み込むことさえも禁じられている)
私なんて、暑さと空腹でフラフラしてるのに。
みんな、大丈夫!?

マックが閉まっていたことにダメージを受けたりんりん、
おなかがすいたとさらに不機嫌モード。
「この街の人はね、朝から夕方までなーんにも食べないのよ」
なるべく分かりやすく、イスラム教と断食について言って聞かす。

りんりん、5歳にしてラマダンをプチ体験・・・!?



    ☆☆このマレーシア旅行記のもくじはコチラです☆☆



にほんブログ村 旅行ブログへ ←更新の励みになるのでこちらをクリックお願いしま~す


Comment

そうなんだぁ~! 

ラマダン中ってマクドナルドさえもやってないんですね!
うぅーん、子連れ外国人には辛いかも。
まぁ、コタバルは観光都市ではないし、地元民のためのお店ですもの、仕方ないですね。
でも、でも、お腹すいたら辛いなあ~。

日本人だらけだと海外気分を満喫できないけど
全然いないところで日本語を聞くとほっとする気分わかります!
去年のセブがそうだったんですよー。(意外でしょ)
同い年の女の子連れで一気に意気投合したのに、
その日はチェックアウトの日でお互い残念がったのを覚えてます。

コタバルのホテルの屋上テラスステキ☆
レストランやってなくて残念でしたね。
窓がないファミリールームって・・・???
ファミリーには辛いお部屋ですね(苦笑)
  • posted by ひなぷぅママン 
  • URL 
  • 2010.11/10 10:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

おおお、宿を現地で探すってほんとバックパッカーですね~。
子連れでやっちゃうとはさすが!!本物ですね!!
しかし空腹は辛いですね~。
自分もイライラするし、子供も不機嫌になるしね。
それさえなければ、アジアの熱気に包まれる旅もいいなぁ・・・!!

  • posted by よーちん☆ 
  • URL 
  • 2010.11/10 10:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

おはようございます。

宿探し。
パッカーな気分を思い出して心が躍りますね。
我が家ではまだ子連れになってからは予約ナシの旅はしていませんが近いうちにそんな旅をしてみたいなあ。

ラマダンでマックも休みなんですね。
観光地じゃないからかなあ。
エジプトではラマダン中でも大丈夫でしたよ。
りんりんちゃん、そのトシにして異文化をどーんと体験ですね。
このあとゴハンにありつけるのかしら?
ドキドキ☆
  • posted by きうい 
  • URL 
  • 2010.11/13 06:15分 
  • [Edit]

ひなぷぅママンさんへ 

マックくらいはやっていると思うよね~~
ヤラレタ!って感じでした(笑)
コタ・バルはほんとローカルな街です。そのローカルさが良かったけど。。。
子連れに食べ物は死活問題だもんね。
自分は我慢できても、子どもにはかわいそうだし。

私がセブのホテルに泊まった時も、日本人、ほとんど見かけなかったよ~
やっぱり韓国が多かったですね。
日本人ばっかりのところは避けたくなるけど、いないといないでさみしい・・・(笑)
ばったり会うと、すごくうれしくなっちゃったり。

コタバルのホテル、窓のある別タイプも見せてもらったんだけどせまくて…
ビジネスホテルみたいな感じ?
1泊だから寝るだけだし、窓はあきらめて広さをとりました(笑)
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.11/18 21:44分 
  • [Edit]

よーちん☆さんへ 

今回は4軒のホテルに泊まったので、2軒で予約は疲れちゃった~
なんかね・・・ちゃんとしたところだといいけど、
アジアの中級ホテルのHPでカード番号打つのは怖くて…(セキュリティとか)
でも、なかなか昔を思い出し、楽しかったですよ。

断食も大人だったら「いいダイエット」と我慢できるけど、
子どもにはね~~
暑くてちょっと距離があったので、ホテルに戻るのも大変だし、
ほんと途方に暮れましたよ。
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.11/18 21:49分 
  • [Edit]

きういさんへ 

やはり現地では多少不安だったけど、大人2人いると自由に動けるから
パッカー的な旅も可能ですね~
昔のように、バックパックかつぎながら1人でウロウロ宿を探し回る…となると
もうできない!と思っちゃうけど。
きういさんもぜひ! “行き当たりばったり旅”を♪

コタ・バルはほんとにローカルな街です。
マレーシアの中でもマレー文化が色濃く残っているエリアだし。
観光客もそんなにいないしね~
この旅では、5歳の子にどうやって「宗教」という観念を話したらいいか苦労しましたよ。
異文化は異文化でも、いきなりイスラム文化とは・・・(笑)
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.11/18 21:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  • from  
  • at 2012.05.06 11:31

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。