ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア子連れ旅行(7)―食事@プルフンティアン島

この旅しょっぱなの悲惨な食事(→くわしくは第2話を)のあと、
プルフンティアンではおいしいもの食べよう!」と
期待に胸ふくらませてたわが家。


でもこの島では、ホテルに併設されているレストランくらいしかない(…たぶん)。
少なくとも私たちの泊まったPIRの周りではそんな感じ。

いちばんお世話になったのは、やはりPIRのレストラン。

      DSCF3174f.jpg
      ↑美しい海を眺めながら・・・


マレー料理のほか、ハンバーガーやパスタといった西洋料理もそろっている。
お味は・・・うーん、まぁまぁ。
料理の写真もろくに撮ってないし、時が経った今、何を食べたかよく覚えてない(汗)

でも、スパゲッティがビミョーだったとか、
「辛い?」と確かめて頼んだマレー料理も、「No」というから安心して頼んだら、
けっこう辛くてりんりんは食べられなかった、とか覚えてる。
辛いものに慣れてる現地の人とは、やっぱ辛さの感覚が違うんだよね~


レストランとは別に、ビーチの真上のデッキはバーベキュー・コーナー。
魚にエビにイカに・・・氷の上に並べられたシーフードを選んで、焼いてもらう。

      DSCF3273f.jpg
      ↑見たこともない地元の魚もあって、興味深々。どれにしようかな~


ずっと辛い料理とか油っこい料理が続くと、
こういうあっさりしたグリルものはうれしい♪

でもりんりんにとっては、焼き魚より肉のほうがうれしいし、
エビやイカは苦手なので、あまり喜ばなかったけど・・・
でも、バーベキューのようすを見るのがうれしいようで行ったり来たり。


それに、やっぱ“島一番の高級リゾート”というだけあって、
PIRのレストランはこの島の中でもお高め。

だから、夜はけっこうガラガラ。。。
みんな、「安くておいしい」と評判のとなりのCoral Viewのレストランとか、
対岸のロングビーチに行っちゃうのかな。


  Coral Viewのレストランで→DSCF3218f.jpg

  DSCF3281f.jpg←シュノーケルツアーの後に食べたベジカレー、最高♪


ダンナはイスラムの国・マレーシアに来てからビールにめぐり合えず、
「PIRには高いだろうけど売ってるだろう」と淡い期待を抱いていたら、
やっぱり置いてなくて、「ビール~ ビール~」とウルサイ。

入国3日目にしてようやく、
PIRからちょっと離れてるレストラン「Watercolors」まで歩かされて、
ビールにありつけた。

      DSCF3214h.jpg
      ↑わ~~い、久々のビールぅ♪♪(代わりにテンション高いりんりん)


今回は街に寄らずに島に直行したのでムリだったけど、
できれば街でビールを仕入れて、島へ持っていくといいです。


イスラム国家ということで苦労したのはもう1点。
そう、出発前にも書いたけど、ちょうどこの時期はラマダン(断食の月)真っ最中!

観光の島なので、昼間もレストランは営業してるし、
まぁ観光客にはあまり影響なかったのは助かったけど・・・

夜の営業がたいてい8時からと遅かった!!


日の出とともに始まる断食を経て、彼らがようやく食事にありつけるのは日没後。
となると、夜の6時、7時というのは、彼らにとって待ちに待った食事の時間。
だからたいていのレストランは、彼らの食事が済んでからオープンになるのだ。

大人ならそのくらいの時間でも全然かまわないけど、
ふだん6時すぎには夕飯を食べ、9時前には寝るりんりん。
8時なんて、当然待てない。

なので、夜はこのあたりで一番早く(7時半くらい)営業を始める
PIRのレストランで食べることが必然的に多くなった。
ほんとはいろんなところで食べたかったのになー


そんなわけで滞在中は同じような食事ばかりになり、
島全体的にみても、味はイマイチで、食に関しては完全に期待ハズレ。
ま、仕方ないか・・・素朴な島ということで。


おまけに旅に出て4、5日もすると、ついに!、やはり?、
りんりんも私もおなかをくだしはじめ、、、!
(なぜかふだん下痢体質のダンナは大丈夫)

りんりんは三度三度の外食で、調子に乗って食べまくり(朝食バイキングとかさ)。
油や香辛料、慣れない食べ物に胃腸が弱ってきたのかもしれない。
それに連日、この暑さの中でのビーチ遊び。
体調くずし始めたのか・・・!?と焦る。


後半の朝食、りんりんと私は持参した“非常食ごはん”で簡単に済ませた。
これって災害用にストックしてたアルファ化米なんだけど、
今年で賞味期限が切れるので「グッドタイミング!」と持っていったの。

アルファ化米は初めての私。
パウチにお湯(水でも可)をそそいで待つだけで、あらら、ごはんが炊けてる!
しかも、期待以上にとってもおいしいじゃないの!!
(日本食に飢えてたからかもしれないけど・・・)

りんりん、「やっぱり日本のごはん、おいしいね~~」と喜ぶ。
マレーシアのは、パサパサしてるって。だって長粒米だもんねー
でもほんと、日本のお米は甘くて、おなかにやさしい感じ。
あなどれないよ、アルファ化米!


しかし、下痢だけで終わればいいけど・・・
まだまだ旅は続くんだから。

若干の不安を抱きながら、とうとうプルフンティアン島を出る時が近づく。



    ☆☆このマレーシア旅行記のもくじはコチラです☆☆



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ ←旅もいよいよ終盤へ!? 励みになるのでぽちっと応援お願いします


Comment

NoTitle 

りんりんちゃん、運動会お疲れ様でした★
とっても合う幼稚園に出会えていて羨ましいです。
そしてマレーシア旅行記、楽しく拝見してます♪
ベジカレーおいしそう~!

でもやはり子連れでは食事面は気を遣いますね。
うちは8か月(バリ)の時も2歳(上海)の時も、ベビーフード行けたので良かったけれど。。

やっぱ日本人には油や香辛料が辛いのでしょうね。
私自身もアジアじゃなくイタリアで胃腸をやられた経験ありで、辛かった記憶があります。
あっさり味を求めて、「ズッパ、ズッパ」(スープ)と連呼してもスープすらオリーブ油が浮いてて油っぽくて泣きそうでした。白いごはんと、きゅうりに塩つけただけとか食べたかったなぁ~・・

アルファ化米、美味しいんですね★覚えておこう!
  • posted by あっく 
  • URL 
  • 2010.11/05 22:45分 
  • [Edit]

あっくさんへ 

ありがとうございます。
あっくさんとこも幼稚園選び、佳境ですね~~!
いい園と出会えることを願ってます☆

ベビーフードのころは、荷物がかさばって大変だけど、
子どもの食事は別にして考えられるからいいですよね~
トウガラシ食文化圏は、子連れにはやっぱり大変。
KLとか大都市ならなんでもあるけど…地方はね。。。

そうそう、胃腸やられた時にはあっさりごはんだけが幸せ♪
アルファ化米は、日常で食べたらおいしいなんて思わないだろうけど、
海外ではほんとに重宝しました。
なにしろ、軽い! 旅行にもってこい~~☆
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.11/10 00:15分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。