ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア子連れ旅行(6)―ウミガメと泳ぎたい♪

プルフンティアン島滞在も4日目(1日フリーに使えるのはこれが最終日)、
ホテルのボートツアーに参加することにした。

出発前にクチコミで「ラワ島の海がすばらしい」というのを読んでいたので、
ぜひとも行ってみたかった。
ラワ島は島からボートでたしか30分ほど(忘れた…)かかる無人島で、
プルフンティアンの海よりさらに美しいそうな!

が、その日は波が高いとかで、ラワ島へのツアーはなく・・・

で、プルフンティアン島の周辺3ヵ所のポイントをまわる
シュノーケリングツアーに参加することに。


ボートでシュノーケリングに行くなんて、いったいいつ以来だろう!?

20代前半はダイビングの免許もとって、がんばって潜っていた私。
ポイントに着くまでに船酔いして、海の中でもうねりに酔って、
よく吐いてたっけ…

上級ポイントに行けば行くほど、海は荒く過酷になるし、
結局、酔いを克服できなくてダイビングがつらくなり、
もう10年以上“ペーパーダイバー”…


まぁ、今回はシュノーケリングだし大丈夫!と思っても、
初めてのりんりんがいる。
私が酔っているわけにはいかないぜよ~~

りんりんにシーバンドをすすめても、「大丈夫だからー」とつけたがらない。
(このころにはさらに自信がついたようで、強気)
まぁ、ボートに乗っている時間は少ないしね。
いざという時のために、酔い止めを持っていけばいいかな。


集合場所にいくと、ちらほらツアー参加者が集まっていた。
全部で10人ちょっと。ハイ、私たち以外みな西洋人。
おや、ちっちゃな男の子がいるぞ?
聞くと、りんりんと同じ5歳!

りんりんも「名前は?」「年は?」と聞かれるけど、モジモジ・・・
いちおう、そのくらいの受け答えの英語は覚えてるんだけどねー
私が「ほら、ほら」としつこく言って、やっと小さな声でボソボソ答える。
男の子もりんりんには興味ないようで、2人にそれ以上の交流はなかったけど…(苦笑)


ツアー客がそろい、最初にスタッフから注意事項やコースの説明を受ける。
それから、いよいよボートに乗ってシュノーケルポイントへ!


      DSCF3280f.jpg
      ↑うれしいのか、うれしくないのか…また「ハ」の字まゆげになるりんりん


島の南へ10分ほど走り、最初の「シャーク・ポイント」へ到着~
ここは、なんとサメの見られるポイント!
サメといっても、サンゴ礁に見られるおとなしいリーフシャークで、
人には襲ってこないらしい。

波は比較的穏やかだけど、それでもビーチと違って沖は揺れる、揺れる・・・
ちょっと不安になる私。
やっぱ、私とりんりんは酔い止め飲んどこう!
(「トラベルミンファミリー」はラムネのように溶けるので水いらず、
 5歳~大人まで対象なので家族みんなで使えて便利でしたよ☆)

それからマスクをセットし、いざ潜水~~!


水深5~10mくらい、視界もあまりクリアでなくて、久々の私はドキドキ…
りんりん、いきなりこんなに深い海を見て、パニックおこさないかしら…
と心配になる。
でも、りんりんは「あっち!」とか指差しながら泳いでいくし、けっこう平気な様子。

ここのポイントは熱帯魚は少ないんだけど、
「あ、魚、こっちにいるよ」「みてみて~~」とかなり興奮している。
とりあえず、よかった・・・


      SCAN0109a.jpg

今回も水中用のインスタントカメラを持っていったんだけど、
メーカー変えたら前にも増して映りも色も悪くて、ガックシ・・・
美しい海の中のようす、お伝えできなくて残念です。
(やっぱ水中撮影もできるデジカメほしい~~)


サメは水面近くを泳いでることが多いので上を向きながら探せ、と
言われてたんだけど、全然見当たらず・・・
かなりの確率で遭遇するらしいのに。

すると突然、同じツアー客の若い女の子が、「あっち、あっちにいるわよ!
と指をさして教えてくれた。

けど、私たちが「どこ?どこ?」と探している間に見逃してしまい・・・アリャリャ
結局、1度も遭遇しなかった。。。
(てゆーか、ヘタクソなのできっと見落としてる)


30分ほど泳いでいただろうか。
いつの間にか疲れてきたことに、ふと気づく。

考えてみれば、こんなに長く海に浸かっているのも私は久しぶり!
ダイビングみたいに全身スーツ着てるわけじゃないので、体もすっかり冷え切った。
ライフジャケットは楽だと思ったけど、なんだか胸を圧迫されて苦しい。
それに波の揺れで、だんだん気持ち悪くなってきたぞ・・・!?

ヤ、ヤバイ・・・
りんりんの様子を確かめると、やはりその表情に疲れが…

ちょっときつい潮で流された私たちは、一生けんめい泳いでボートへ引き返す。
やっとボートに戻ると、どどーっと疲れ・・・


はっきりいって、「ありがとう、もう十分! 戻りましょ~」という気分だけど、
ツアーはまだまだ。あと2ポイントも残ってるよ~~(泣)

 
みんながそろって、再びボートは出発。
来た道を戻るように少し北上し、
お次は浅瀬のサンゴ礁に熱帯魚がたくさん集まるという「リーフポイント」。

      SCAN0108a.jpg
      ↑お疲れりんりんはパパの足をビートバン代わりに

      SCAN0110a.jpg
      ↑あぁ…きれいに映らなくて残念だけど、すごい群れ~~


テーブルサンゴもたくさん、そして熱帯魚もうじゃうじゃ~~
餌付けされているから?
ガイドが魚のエサを船の上から振りまくので、おそろしい数の魚が寄ってくる。
あれ、ホテルの部屋に置いてあった「環境保護のためのお願い」みたいな紙には
「餌付けしないでください」って書いてあったんだけど・・・これ、そのホテルのツアー。

それにしても、こんなちっちゃな魚でもこれだけの集団で寄ってこられると、
襲われて魚の餌食になりそうな気がして、恐怖すら感じてしまう。
「やめて~! こわい~~」とマジで半分パニック。私が。(そんなの初めて)

あとでりんりんが「おかあさん、お魚こわがってたよねー」と
おかしそうにパパと話してたけど、りんりんは全くヘーキだった。
たくましや・・・


ボートから逃げるように必死に泳いで離れ、サンゴの群生のほうを
しばらく泳いで見て回る。

そのうち、寒い・・・やっぱ気持ち悪い・・・

私の疲れはもうピーク。
この波の揺れから逃れたくて、どこか上陸したいのだけど、岩場に腰かけるところもない。
りんりんに「疲れてない? ボートに戻る?」と聞くと「もどる…
さすがのりんりんも疲れたか。

ここでも「30分ほどフリータイム」と言われてたんだけど、
とてもそんなに泳いでいられないーーっ
私たちは半分くらいでボートに戻った。
同じように、疲れて早々に戻ってくる人も何人かいた。


全員が戻ってきたのを確かめると、ボートはいよいよ最後の
タートル・ポイント」へ!
今度は、ウミガメの見られるポイント!

ここが本日一番のお楽しみなのよ~~
ぜひともウミガメと泳ぎたい!
園でちっちゃなカメを飼っているりんりんに、おっきな野生のウミガメをぜひ見せたい!
最後の気力をふりしぼってガンバロウ!!


再び北上して、そのポイントに近づくと、ボートはスピードを落としていった。
ウミガメがいないか、ガイドがチェックする。

ウロウロウロウロ・・・
なかなか見つからないよう。

ウロウロウロウロ・・・

ガイドはあきらめて、別のポイントへ移動。

で、着いたのは、私たちの泊まっているホテルPIRの目の前の海。
やっぱりここはウミガメのポイントなんだ~
(かなり沖のほうで、ビーチから泳いでくるのは大変と思うけど…)


しばらく海をのぞいていたガイドが「いたぞ!」と発見。
ボートは止まり、客が次々と海へ飛び込む。

私たちも、疲れなんか忘れて海へ!
りんりんをひっぱって、みんなの泳ぐほうへ一生けんめいついていく。


すると… 発見!
水深5mくらいの海底の砂地に、大きなカメの影!

りんりん、シュノーケルくわえながらモゴモゴと大喜び(笑)


私たちは海面にぷかぷか浮かんで、カメが動くのを待った。

ほとんどのツアー客がライフジャケットをつけたままだし、
フィンを持っていなかったので、素潜りでカメに近づいたのはごく何人かだけ。

カメは海底を這うようにしか泳がないので、私たちはゾロゾロ上から眺めるしかない。
それでも、野生のウミガメが泳いでいるのを見られただけでも感激♪
「カメさん、おいで~ おいで~」心の中で呼びかける。


しばらくすると…想いが通じたのか、
突然、気まぐれカメがすーーっと上に上がってきてくれるじゃない!?

      SCAN0111a.jpg
      ↑わ~~い、カメさんが近づいてくれた♪♪


カメに遅れまい、と一生けんめいついていくんだけど、泳ぐの早っっ
すーい、すーい、海中をすべるように泳ぐその姿はほんとに優雅で、
うっとり見とれてしまう。。。

それからカメはまたもや下降して、ふたたび海底で休憩・・・


夢中になってカメを追っていたけど、
いっしょに泳げて(ちょっと遠いけどね)満ち足りた気持ちになると、
どっと疲れが…
同じく疲労したりんりんが「船に戻る・・・」と言ったので、
まだ近くにカメはいたけど、私とりんりんは先にあがることにした。

ボートにあがると、「カメが近くまできてくれたね!
とうれしそうに話すりんりん。
ふたりでカメの話で盛り上がっていると・・・


Look!と叫ぶガイドの指の先に、
なんと水面まで顔を出した先ほどのカメの姿が!!
しかも、しばらく水面付近で泳いでるし~~
シュノーケルしていたみんなが大興奮なのが見ていて伝わってくる。

あぁ~~、私たちももう少しがんばって残っていれば…
なんて悔しい思いを感じながらも、
でも、もう限界だわ・・・


だって、海に出てからかれこれ3時間が経過!
ツアーは「2時間」と聞いていたのに・・・

私もダンナも陸に戻って、昼食を食べにレストランに入ったとたん、
グッタリ――
シュノーケルってこんなに疲れるものだったのね…
する前は、「元気だったら午後もツアーでいこうか」なんて
話してたけど・・・ありえない!


それにしても、たった5歳のりんりんが、
私たちと同じだけ泳いでシュノーケルしたというのが本当に信じられない・・・
その小さな体のどこからそんなパワーが沸いてくるのーー??

ボートでシュノーケリングなんて、出発前は考えもしなかった。
旅でまた一つ成長したりんりん、とっても頼もしく思えたよ~!



    ☆☆このマレーシア旅行記のもくじはコチラです☆☆



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ ←最近、かけっこでも負けそうな気がしてきて…(汗)
            体を鍛えなおさなければっ…と思う今日この頃。ポチッとよろしくです

Comment

NoTitle 

りんりんちゃん、ほんっとたくましいですねー!
海の中での感動も伝わってきて、自分も海にいるかのような気持ちにv-238
タイのコーラル島に行ったとき、熱帯魚たちに足をパクパク食べられたのを思い出しました・・・
けっこう痛くて恐怖!!
ままりんさんたちは食べられませんでしたか~??
  • posted by ちゃわん母 
  • URL 
  • 2010.10/13 21:14分 
  • [Edit]

すごぉ~い!! 

ボートでシュノーケリングなんて、デビュー戦にして大躍進ですね☆
恐怖感よりも好奇心が勝っちゃう子供って無限の可能性があるんだなあ~。
私は前にベトナムのニャチャンでボートトリップに行き、半分溺れましたからね~。。。
体力の限界を感じます(爆)

そー、デジカメやビデオの類ってちょっと買わないうちに低価格化が進んでますよね。
うちもかなり検討して買わなかったけど、
ビデオで防水、静止画も撮れるやつが3万ぐらいですからね。
インスタントカメラの防水のやつって現像すると
「違うの、ホントはもっとキレイなの~~!!」って言い訳したくなるような写真になっちゃいますよね。
わかりますぅ~。
  • posted by ひなぷぅママン 
  • URL 
  • 2010.10/14 00:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

すごい!ままりんさんの臨場感溢れるレポート、まるで自分が今ボートに乗って行って来たかのような気持ちで読みました!

りんりんちゃん、大人でもぐったりとしてしまう3hコースをよく頑張りましたね!!
疲れちゃったと思うけど、きっと初めて見る素晴らしい光景に体がついていっちゃったんでしょうね。
子供の好奇心とパワーって本当すごい!

本物のうみがめを見たらきっと感動するだろうなぁ~・・

  • posted by あっく 
  • URL 
  • 2010.10/14 08:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

海がめ~!!!いいなぁいいなぁ!!
りんりんちゃんもきっとすごーく印象に残ったでしょうね~。
初のシュノーケリングが海外のそんなキレイな海だなんて
ほんと幸せ者だぁ!
でもボートトリップだと、そうか、やめたくても途中で止められない
辛さもあるんですね・・・。覚えておこう。
うちの娘はサメを異様に怖がっていて、海=サメいない?とすぐに
聞いてきてビクビクしてるんですが、りんりんちゃんは大丈夫でした?
ただのビビリなのかなぁ。
  • posted by よーちん☆ 
  • URL 
  • 2010.10/14 09:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

りんりんちゃん、すご~い!
いきなりボートでシュノーケルしちゃって。
そんなに水深があるところ・・・、実は私は怖くてなんとかシュノーケルできるぎりぎりなんです。りんりんちゃん、度胸あるね。

ウミガメが現れて疲れが吹き飛びそうな気持ちが伝わってきます。けど、やっぱりハードだったようで・・。
りんりんちゃん、シーバンドなしでもいいって思えるようになったのもものすごい進歩ですね。

写真では実際の綺麗さを伝えきれないという感じも、すごくわかります。
  • posted by きうい 
  • URL 
  • 2010.10/16 22:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

もしかして・・・ままりんはりんりんにかけっこで勝つの?
まだまだすごいじゃない!
私なんて2年位前から息子と争うのやめてます(涙。。

しかし!海がきれいよね~
沖縄とは色が違うね。水色なんだね。っていうか、砂が真っ白なんだね。そういう海は見たことがない!!
いってみたーーーい!!!

それにしてもりんりんちゃん、すごいね。
私なんて始めてのスノーケリングで深いところでは足がすくんだというか、どきどきして怖かったよ。。。
うちの息子は15分以上は海に入れないし。寒さで唇を真っ青にして震えだすの。りんりんちゃんは痩せているのに根性あるね。

夫もこのブログを愛読してて、我が家も亀を見たいと盛り上がってます(笑
  • posted by ちはる 
  • URL 
  • 2010.10/17 22:29分 
  • [Edit]

ちゃわん母さんへ 

ほんとに疲れて、けっこうつらかったりもしたんですよ、このツアー。
子どもって親の考える以上に力を秘めているんですかね・・・
ぎゃ~~ ちゃわん母さんはパクパクされたんですねーー!
それは恐ろしい~~ 私は、つつかれはしなかったけど、
ほんっとに恐怖でしたもん。
あなどれませんよね・・・魚って。
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.10/18 23:44分 
  • [Edit]

ひなぷぅママンさんへ 

出発前は、とにかく乗り物どうしよう~~としか考えてなかったのに、
まさか、まさかのボートツアーで、私もびっくりです(笑)
ニャチャンは波が強いですもんね~~
海水浴でも大変なのに、ましてやボートとなると… うぅ、気持ち悪い~~

私も、出発前に防水カメラ買おうか、ソートー悩みましたよ!!
でも今のカメラって買ってからまだ1年?2年?くらいと日が浅くて、
なんだかもったいなくて…
(ビデオはいまだ扱ったことがないので頭になかったけど、そんなに安いんだ!)
でも、次こういうきれいな海に行く予定ができれば、絶対買うわーー!
もう、こういう悔しい思いはこりごり!?
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.10/18 23:53分 
  • [Edit]

あっくさんへ 

まさかこの旅でボートシュノーケリングのレポートができるとは
私も想像してませんでしたよ~(笑)

それにしても、子どもの秘めるパワーってすごいですね。
それとも私が年とったのかな・・・とショック感じるほど。
でも、若い頃でもこんなに長時間、シュノーケリングしたことなかったなぁ。
ダイビングでも1本せいぜい30分くらいで、午前と午後に1本ずつ潜る程度だもん。

今度はもっとウミガメのそばでいっしょに泳ぎたいです♪
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.10/19 00:01分 
  • [Edit]

よーちん☆さんへ 

どこまで記憶に残ってくれるか疑問ですが・・・(苦笑)
でも、ウミガメが水面にあがったのに残っていないこと、
こないだ残念そうに思い出して言うのでびっくりしましたよ。
たしかに、初のシュノーケリングが海外なんて、ゼータク者ですよねーー
(私なんて、初・海外旅行は20歳だぞ!)

サメ、ちょっとこわがってたけど、「食べないサメ」というと安心してましたよ。
たぶん、まだサメが恐ろしい生き物だってこと知らないんじゃないかなぁ(笑)
娘ちゃんはもう知ってるんですね~ 賢い!!
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.10/19 22:33分 
  • [Edit]

きういさんへ 

私もびっくりですよ~~ 往復の交通以外にボートに乗って遊ぶなんて!
4泊もすると、ホテル前のビーチ遊びだけじゃ、飽きちゃって・・・
私もダイビングからずい分離れたので、水深10mくらいをいきなり見ると、
最初、ちょっと息苦しくなるの~ だからりんりん心配だったんだけど。
まだよく分かってないのかな?(笑)

船酔いというより、なんか寒さと疲れで気持ち悪くなりました…
ウミガメ見たときも、最初は大興奮で泳いでたけど、
だんだん吐き気がしてきて・・・ 私のほうが体力ないかも(泣)
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.10/19 22:44分 
  • [Edit]

ちはるちゃんへ 

うちの子、走るの遅いから(笑)
運動会のかけっこなんて、ビリのほうだったしさ。まだまだ負けないよ~
でも、KAZUくんにはおそらく2年前から負けてる・・・

いやいや、沖縄も離島に行けば、このくらいきれいな海に出会えるよ~~
(今はどうか分からないけど…期待をこめて、きっと今も)
ここまで足を運ばなくても沖縄やグアムも負けず劣らずキレイだったもんなー、と
内心思った私でした(笑)

私も久々に水深ある海に飛び込んで、一瞬どきどきして呼吸が速くなっちゃった…
たしかにウェットスーツ着てないと、15分が限界…
KAZUくん、筋肉質だからねー りんりんは一時期に比べると痩せたけど、まだまだぽっちゃり。
ご主人まで、読んでいただいてるとは恐縮ですっ(汗)
ちはる一家がカメと出会うのは、どこかしら~~
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.10/19 23:06分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。