ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア子連れ旅行(2)―パンチのきいた?マレー料理

クアラルンプール国際空港の周辺は、なーんにもなくて
ただひたすら、きれいに舗装された道だけが続く。

送迎バスが空港を出て7、8分も走ると、
初日に泊まる宿「Concorde Inn」が見えてきた。


マレーシアの国旗が門からずらーりと並び、
思っていたよりかは新しそうで立派。

      DSCF3147a.jpg
      ↑飾りっ気もないけど…シンプルで広々とした玄関ロビー


早朝や深夜の空港利用客が多くて、泳ぐ人なんかほとんどいないだろうに、
ちゃんとプールもあって、意外とリゾート感も演出してたり。

      DSCF3145a.jpg
      ↑キッズ用の浅いプールもあるよ~


やたら広い敷地に、なんと建物は平屋!
端のほうの部屋に当たってしまったわが家は、
もちろんベルボーイなんていない敷地内を、スーツケースを転がしながら
「どこだ、どこだ?」と迷いつつ探し当てた。


      DSCF3143a.jpg
      ↑泊まったのは下から2番目のカテゴリーのデラックス・ルーム


室料RM264、日本円で7000円ちょっと(朝食込み)。

クチコミでは、「合宿所みたい」とか「値段のわりにいい」とか
賛否両論のあるホテルだけど、
だいたい中級クラスの宿って、高級ホテル嗜好の人かバジェット旅行派の人で
見方が割れてしまうものなので、仕方のないところ。

もちろん後者、バックパッカー出身の私には、
とっても清潔でとくに不満もなく、全然OKでしょう~~
寝るだけだしね。
でも、ホテルというよりモーテルみたいな宿。
もう少し安くしてほしいよな~


さて、荷解きすると、もう夜の7時ごろ!
マレーシア1発目の食事はどうしよう??

とはいえ、夕方に機内で軽食を出されて、おなかはさほど空いてない。
何か軽ーく、そうねぇ、マレーシアだし
久々のナシゴレン(焼き飯)でもささっと食べるくらいかな?


ホテルの近くに小さな町があると聞いていたので、
せっかくだから、ちょっと外に出てみようかーということに。

途中、ホテルのレストランをチェックすると、
廊下にずらーり色んな料理が並んだ夕食ビュッフェをやっていた。
1人4000円ほど、周りに何もないからって強気な値段設定!
種類はたくさんありそうだけど、こんなに食べられないよ~

アラカルトはやってないというし、
やっぱ散歩がてら外に出てみよう。


ホテルを出てロータリーの反対側へ渡ると、
明々と光るお店がいくつか。

でもそれ以外には、暗いからか何も見当たらない。
「町」というより、「店の集落」といった感じ?
めっちゃローカルな、フードコートみたいなのもある。

清潔度ははっきりいってかなーり低そう。。。
しょっぱなからこんなとこで、りんりん大丈夫かな…とちと不安になりつつも、
もとバックパッカーの血が騒ぐ私とダンナ。
こういうローカルな雰囲気って、なつかしい~~♪
で、入ってしまった。


店のしくみとかオーダーの仕方がよく分からずウロウロしてても、
店員さんは声もかけてくれない。
つかまえてこちらからたずねてみると、みなさん英語はあまり通じないよう。

なんとかメニュー表から、定番・ナシゴレンとミーゴレン(焼きそば)を注文し、
ショーケースに並んでいるお惣菜を身振り手振りで頼んでみた。

しかし、出てきたのは・・・

      DSCF3144a.jpg
      ↑油ギトギト、黒くよどんだミーゴレン…(写真じゃわかりにくいかな?)


ぎゃ~~、キターーー!!って感じ。
もしかして、やっちまったーー??


屋台料理ダ~イスキ、あちこちで平気で食べまくって
インドではA型肝炎という“おみや”までいただいた経歴をもつ私だが、
旅の最初の1週間は、水と油にとても気を配っている。
(どんなに気をつけても、最初の1週間で必ず1度はおなかを下し、
 それから現地の水や料理に慣れていく…というのを、経験上分かってたから)


それにしてもいきなり、
この(おそらく何度も使い回してるであろう)油にまみれた料理はコワイ・・・
りんりんにも食べさせたくない・・・


最悪なのは、見た目だけでなく、味も・・・!
こんなこと書いては申し訳ないが、
(屋台も含め)これまで食べたナシゴレンの中で一番まずかった、
といっても過言ではないだろうか。

しかもナシゴレンやミーゴレンなのにやたら辛くて、
りんりんは「からーーい」といってなかなか食べられない。
辛くない野菜の惣菜と少しだけミーゴレンを食べて、ギブアップ。

どうしよう――
今さら、ホテルのレストランビュッフェもなぁ。。。
残すのも悪いし。

そう、今はラマダン中。
1日の断食修行を終えて、みんなありがたくいただいているであろう食事を
観光客とはいえ、残すのは忍びない。


ごめん、りんりん。
お母さんたちはがんばってこれ食べるから、
アナタは部屋に戻って、飛行機でもらってキープしてたパンを食べよう。
(とっといてよかったー…)

ダンナと私で、急いで料理を食べる。
(私はあまり手をつけられなかったので、主にダンナががんばった)
それを横目に、りんりんは「おなかすいたよーー」と不機嫌顔。


しかしこの店、店員はみな男性だし、客もほとんど男性。
女性や家族連れなんて見かけない。

もしかしたら、空港を行き来するトラックの運ちゃんとかが
仕事の途中にささっと立ち寄るドライブインみたいなもんなのかなー


さらに驚いたのは、その値段!
ナシゴレン、ミーゴレンは一皿RM6(170円)ほど、
飲み物やら入れても全部で400円にも満たなかった・・・
ホテルビュッフェ1人分の1/10!!(苦笑)


帰り道、りんりんは「おなかすいたーー」「ねむーーい」と
ブーブーたれながらもホテルの端っこの部屋までがんばって歩いた。
もう日本の時間で9時、寝てる時間だもんね。。。

かわいそうに、りんりんはパンを一つ食べると、
ささっとシャワーを浴びて、寝てしまった。


マレーシア初日、さっそく先制パーンチ!を浴びた気分(笑)


気を取り直して、明日からは“一応”リゾートライフ!
この旅のメイン、プルフンティアン島が待っている~~
おいしい料理も食べよう!

明日も朝から、飛行機、バス、ボートと大移動なので、
一抹の不安は残るけれども。。。
そして、おなかも無事でありますように…☆



    ☆☆このマレーシア旅行記のもくじはコチラです☆☆



にほんブログ村 旅行ブログへ ←今週は久々に更新がんばったぞ~~ ポチッとお願いします


Comment

NoTitle 

やっぱりままりんさんのブログは読んでてとっても楽しいです。
そこにいるような気分になれます。

そして油ぎったミーゴレン!!!笑
写真からでも伝わってきましたヨ。
食べたパパにアッパレ!です。

アジアは楽しそうですね~。
私もいつかバックパック気分で旅行してみたいです。
そういう「しまった!」な体験が楽しそう♪
うちのパパはアジアは臭いがイヤダとセレブな事を
ぬかすので、いつか娘と二人でやりたいなぁ。。
  • posted by よーちん☆ 
  • URL 
  • 2010.09/11 18:35分 
  • [Edit]

NoTitle 

ぷぷ。我が家も去年のマレーシア1日目、ローカルすぎるレストランに入ってしまい、娘はナシゴレンを1口食べて「辛い!」でギブ(笑)。ホテルの部屋で、持ってきた母の手作りおにぎりを頬張ってました。お店には申し訳ないけど、先々考えると残す勇気も必要ですよね・・・。

旅の初日はだいたい負けこんだ気分になるものなんですかねぇ。私はそうです~。
続き楽しみにしてまーす。

あうぅ~ 

子連れの食事で一番困るのが、意外と辛い料理だったってことですよねー。
まして油ギトギトだとかなり困る。
空港のそばのホテルなんだから食えるレストランぐらいあっても・・・って思うけど
成田考えたらそんなもんかもしれないですね(涙)
りんりんちゃんがパン食べてすんなり寝られたのがよかった。
次のリゾートへの道中記に期待してまーす。
  • posted by ひなぷぅママン 
  • URL 
  • 2010.09/11 23:19分 
  • [Edit]

よーちん☆さんへ 

ありがとうございます~
今回はあまりヤル気がなく?写真を撮らなかったので、upできるものが少なくて・・・
分かりにくいだろうな~と思いながら書いてたので、うれしいです☆
油ぎったミーゴレンも分かってくれて、よかったー
でも、実物はもっともっとショッキングでした(笑)
私はもともと「空港で食べていこうー」と言ってたのに
ダンナが拒否したので、責任とって食べてもらったの(笑)

アジアの臭い…たしかに独特ですね。
でも、年々消えていってるんじゃないかな~
今回、KLでも、アジア特有のにおいがないな~と思いましたよ。
娘ちゃんとのアジア2人旅もいいですね! ぜひ!!
私も娘2人のほうが気楽?なので、またパパ抜きで行きたい~
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.09/14 22:47分 
  • [Edit]

チェンパカさんへ 

マレーシアってけっこう辛いですよね!
インドネシアでは、ナシゴレンとかミーゴレンはどこも辛くなったような…?
子連れのお助けメニューだったのに、マレーシアではけっこう苦労しました。
手作りおにぎりがあれば、私もきっとギブしてただろうな~
戻って、コンコルドの夕食に1万円も使う勇気のほうがなかった…(笑)

初日っていろいろ期待が大きいから、外れた気分も大きいのかな~?
体調にかかわる問題だとなおさら、落ち込みますよね。
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.09/14 22:55分 
  • [Edit]

ひなぷぅママンさんへ 

また書くと思うけど、今回の旅は、全般的に食事が大変でした~~
マレーシアってけっこう辛いですね!(東北部だから?)
油を避けたくても、炒め物ばっかで…

空港のそばは、ほんっとなーんにもないところで、
みんなホテルのレストランか、送迎バスに乗って空港まで食べに行ってたようです。
成田のそばも、下りたことがないけど、ホテルがぽつぽつあるくらいですよね?
りんりんもパン1個でもつか?と思ったけど、さすがに夜遅いのと疲れで、
眠気のほうが勝ってたみたいです(笑)
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.09/14 23:02分 
  • [Edit]

はじめまして! 

ままりんさんこんにちは!
ときどきおじゃましつつ、初めてコメさせて頂きます☆
マレーシア旅行すてきですね~
そしてナシゴレン・・・
思わず「こわっ」て言ってしまいました(^^;)
旦那さまのお腹、大丈夫だったんでしょうか!?
続きを楽しみにしてます!!

シーバンドの威力もすごいですねぇ
うちの娘(3歳)も車にのると「頭いた~い」とか言うので
ためしてみようかなぁー

  • posted by ちゃわん母 
  • URL 
  • 2010.09/15 14:55分 
  • [Edit]

ふふふ。。。 

ふふふ。。。
やばいね、やっちゃってるね、このミーゴレン。。。写真でもよくわかるよー(汗
この手の料理は、ほのかに甘いのが本当なのでは???

でも、これこそアジアの旅の醍醐味だよね。旅しなきゃわからないアジアのカオスだよね。5歳にして体感するりんりんは将来どんなバックパッカーへと成長するのか楽しみです(笑
  • posted by ちはる 
  • URL 
  • 2010.09/15 21:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

遅くなりましたが、おかえりなさーい!
マレーシア、いいなぁ♪

それにしても油ぎっとぎとの料理…。
見てるだけで胸やけがしそうです 笑
子どもに食べさせるのには勇気いりますね。
途上国の旅は、子ども用に食べ物ストックが必要かも。

そういえば私も昔、インドに行った時、お腹やられましたー。
私の場合、水というより香辛料だったみたいです。
調子に乗って食べてたら下しました。
旅の始まりは慎重に、ですね。

続き楽しみにしてます☆
  • posted by ayumi* 
  • URL 
  • 2010.09/15 22:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

中級ホテルへのコメント、私もままりんさんと同じです。
でも、確かにもう少し安くても・・って感じのお値段ですね。

街へ繰り出すとは、やはりパッカーですね。
りんりんちゃんはちょっとかわいそうだったかな。

ミーゴレンの油ギトギト感、なんとなくわかります。
こういう油ものでお腹をやられたことあります。インドで。

しかも辛いなんて。
そうですね。↑ままりんさんが言うとおりインドネシアではミーゴレンはあまり辛くなかったですよ。
ウチの1才9ヶ月児がパクパク食べていました。

りんりんちゃん、次は乗り物三昧だし、どうなるのでしょう?
ドキドキですね。
  • posted by きうい 
  • URL 
  • 2010.09/16 06:07分 
  • [Edit]

ちゃわん母さんへ 

はじめまして! 
読んでくださってうれしいです。コメントもありがとうございます!
“すてきなマレーシア旅行”…初日から打ち壊してゴメンナサイ(笑)
コワイ映像、実物を目の当たりにすると、けっこうホラーです…
ダンナは普段から下痢体質なのに(だから?)、
とくにおなかはこわさなかったようです。

シーバンド、うちの子には効果てきめんでしたよ!
でも、けっこう手首を圧迫するので(バンドの内側に、ツボを刺激する
玉もあって、けっこう痛い)、
つけること自体をいやがるお子さんもいるらしいです。
3歳だと、どうかな~~ いやがるかも??
うちの子は、ほんとに「吐きたくない!!」という気持ちのほうが強いので
痛いシーバンドもがんばってやってくれたから助かったんだけど…
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.09/17 22:29分 
  • [Edit]

ちはるちゃんへ 

出た瞬間、「やっちまったーーー」と思ったよ、ホント。
実物はもっと恐怖です・・・
マレー料理は全般的にからかったなぁ(地方都市だから?)。

私も、久々にパッカー時代の旅を思い出して、楽しかったよ。
5歳にして…よねぇ。私なんて、20歳を超えてからだよー!
自分がやっといてなんだけど、女の子だからあまり真似してほしくないような
気もしなくはないけど…ま、いっか。
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.09/17 22:35分 
  • [Edit]

ayumi*さんへ 

ただいま~~ いちお、無事に帰ってきました♪

油の感じ、分かります? 
旅の最後なら、ま、これもあり?って感じだけど、最初からはいやだわ~
今回は、おなか壊したり体調崩した時のためにけっこう非常食を持っていったんですが、
旅の初日から非常食っていうのも…なんかさみしくて。

そうそう、香辛料でもやられますよね!
私も、もともと辛いのは(好きだけど)苦手なので、慣れるまでにやはり
お腹をこわしてしまいます。
今回は、辛くないメニューがなかなか分からなくて苦労しました~~
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.09/17 22:44分 
  • [Edit]

きういさんへ 

空港周辺のホテルって、ちょっと高めですよね~
「街へ繰り出す」というほど、なんやかんやあるわけでなく、
ほんとに食堂がいくつかあるだけ。
周りはなーんにもないので、いろんな面で、ホテル側も強気です(笑)

私も、最初はなるべく炒め物は食べないで、
汁物とか煮物とかを食べるようにしてるんだけど、、、
なんだかコミュニケーションもとれないんで、
結局、知っているオーソドックスなメニューしか注文できず…(苦笑)
うちもバリでは、ミーゴレン大好きでしたよ。わりと甘めですよね~~
KLの街に出れば、食の選択も幅広いんでしょうが、こんな田舎じゃ・・・
この状態がしばらく続いて、大変でした(汗)
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.09/17 22:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。