ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼を求めて「霧ケ峰」へ(後編)

電車とバスと乗り継いで、りんりん酔いにクラクラしながら
ようやく霧ケ峰の「八島高原」バス停に到着ーー!

わ~~い、高原♪ どれどれ、涼しいかな~~
と喜んで降りると・・・

      暑っっ!!


確かに、東京に比べると、空気はいささか冷えてるかもしれない。

でも、このギラギラした太陽ーー!

すっきり晴れてるのはうれしいけど、
高地だから太陽に“より近い”感があって、もろ光線がビシバシ突き刺さってくる。

アラフォーの肌に紫外線の大群がぁぁーーっ


でも、前編の最後に写真でお見せした通り、
快晴の八島ヶ原湿原は空が突き抜けるように青く、雲とのコントラストがくっきり。
見渡す限りの緑の大地は、まるで北海道にいるかのように気持ちいい。

りんりんも、さっき吐いたのがウソのように元気復活。
(彼女は吐いてもわりとすぐ復活してくれるので、それが救い)

さっそく湿原のまわりを歩きだそう。


     DSCF3064a.jpg
     ↑木道が敷かれ・・・あら、なんだか尾瀬みたい?


「北海道みたい~~」とカンゲキしていた私は、
「北海道と尾瀬が混ざったみたい~~♪」とテンションもさらにアップ。

尾瀬は昔、紅葉の素晴らしいときに、ちょっとだけ歩いたことがある。
りんりんがもう少し大きくなったらまた行きたいと思うほど、すばらしいところだった。

“ひとつぶで二度おいしい”じゃないけど、
北海道と尾瀬の気分が味わえるなんて、なんだか得した気分?(笑)


ところで、ここって「湿原」と名前がついているのに、
小さな池が2つ3つあるだけで、ほとんど水がない。

      DSCF3066b.jpg
      ↑水たまりのような池


ところが、ここは一万年前は全部水で覆われ、湖のようだったらしい。
涼しいために植物が腐らず、ミズゴケの泥炭が1年間に1mmずつ堆積し、
現在のような姿になったのだとか。
よく分からないけど学術的にもとっても貴重なものらしく、
国の天然記念物に指定されている。


一周約90分らしけど、私たちは30分ほど歩いた分岐点で湿地を離れ、
蝶々深山をめざす。

      DSCF3076a.jpg
      ↑その途中の展望スポット「物見石」で八島ヶ原湿原を見下ろす。広いっ


りんりんは、「ここ、山なの? 山じゃないみたいだねー」と不思議そう。
今まで、山といったらうっそうとした森林の中だったからな~
今日の原っぱのような山は新鮮らしく、元気いっぱい。


最近、5歳になって「ようやく」というか、「ついに」というか
山に行きたがらなくなってきたりんりん。
いつか拒否られる時が来るとは覚悟してたんだけど・・・

彼女がしぶしぶ山についてくるのは、おかしがたくさん入ったリュックがあるから。
あ、あと、「山のあとの温泉」も楽しみらしく、
登る前から「今日はおんせんいくの?」と聞いてくる(笑)


そして霧ケ峰は、高山植物がとっても豊富!

  DSCF3060a.jpgDSCF3086a.jpg
  DSCF3065a.jpgDSCF3059a.jpg


もらったパンフレットの植物図鑑を見ながら、
「あ、これはシシウド?」「ニッコウキスゲ、発見!」
と探し歩くのも楽しい。

この時期はニッコウキスゲ(写真右上)が黄色いじゅうたんのように
咲き広がっているらしいけど、今年はどうも遅れいているとか。
まだ、ところどころだった。

将来は「おはなやさんになりたい」というりんりん、
いつもと違って花もたくさんのこのコースに大喜び。


しかし、それも長くは続かなかった・・・

やっと蝶々深山に着いた頃には、けっこうお疲れになったみたいで、
「もう帰りたいー」と言い出す始末。

まだ、途中なんだけど。
これから「車山」も残っているんだけど・・・


・・・と先を見ると、せっかく登った蝶々深山をずんずん下って下って…
そしてまた、あんな上まで登るんかい!!

                               目指すはココ↓
      DSCF3084b.jpg


昔、理系の友だちが言った、
「せっかく登ったのに・・・まったく、位置エネルギーのムダだ」
という言葉が言い得て妙で、こういう道に出くわすとつい口をついて出てくる。
たしかに山って、登ったり降りたり・・・この行為ってムダよねー
それでも人は、山に登ってしまう・・・


さて、時すでに3時間が経過。
途中、お昼や休憩をたくさんはさんでののんびりペースとはいえ・・・

そろそろ帰りの最終バスの時間も迫り、ヤバイ。

「もう帰る、帰る」とブツブツうるさいりんりんを励ましながら、
えっさえっさと車山山頂に見える、まぁるい気象レーダーを目指す。
実は、私もかなりきていた。
最後は気力で、えいっ


      DSCF3088a.jpg
      ↑ああ、やっとーーー 頂上!!


雲がだいぶ出てきたけど、八ヶ岳とか中央アルプスの山々がぐるりと見渡せ、
とってもいい眺め!

りんりんは、景色よりも山頂でのおやつに夢中だけどね…(苦笑)


     DSCF3093a.jpg←山頂には気象レーダーが建っている


かれこれ、4時間くらいかかったかしら?
ほんとはここから、車山高原の駐車場まで歩いて降りる予定だったんだけど、
バスの時間に間に合わないので、リフトを使うことにした。


      DSCF3094b.jpg
      ↑きゃ~~ 急降下ーーー!


私がおそるおそるバックからカメラを取り出そうとしたら、
ダメーーーっ あぶないーー やめてーー!
と怒って暴れるりんりん。
そっちのほうが危ないってー

でも、去年の高尾山でいくぶん慣れたのか、
しっかり顔をあげて景色は見られるようになった。


リフトを使ったらあっという間に、バス停のあるゴールへ到着。
最近、体力が落ちてるのか、こんな「ファミリー向き」とされる山でも
いっぱいいっぱいになってきている自分に愕然だわ・・・

立ち寄り湯なんかもなさそうだし、ほんとに泊まって帰りたかった。

まったく、前日の午後10時にあわてて決めるもんじゃない。
最近、旅やおでかけのプランを考えるのが面倒になってきている私たち。
いつも直前でドタバタ・・・


りんりんは、温泉入れないと言うと
じゃあ、銭湯でいいから行こうよーーー」とうるさいので、
夜9時半に近所の銭湯に寄って帰った。

今度は早めにプラン立てて、ちゃんと泊まりで行こうね・・・




にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ ←ようやく最近、火がついたようにマレーシア計画たててますが、
            思い通りに決まらず、行く前から疲れ気味・・・


Comment

 

お天気がいいと山は本当に最高ですね。
どの写真もステキです!!
私もいつか行ってみたいなぁぁ。
りんりんちゃんも気分が悪くなった後なのに、
よく頑張りましたね~。
まずは高尾山あたりからはじめようかな・・・とは
思うんですが、最近人手がすごいって聞くので
行く前からいやだな~って思っちゃって。
長野あたりはステキな山が多くていいですね♪
  • posted by よーちん☆ 
  • URL 
  • 2010.08/02 09:54分 
  • [Edit]

綺麗な空~~~ 

登山って私は小さい頃に霧島登山くらいしか経験がないけれど、空気が違いますよね。

ままりんさんファミリーは沢山、登山してますね~!
やっぱり癖になる魅力があるのかしら。

写真のお空がすごいですね★ダリの絵みたい!

りんりんちゃん、そろそろ山登りは嫌になってきているのかしら。

でも一杯いい経験出来るから、ファミリー登山、小学生になっても中学生になってもずっと続けて欲しいな~★

なんて言いながら 私も、きっとお菓子と温泉でつられないと行けないかも。。(笑
  • posted by あっく 
  • URL 
  • 2010.08/03 23:38分 
  • [Edit]

 

あ、ほんとだ。尾瀬みたい。
ニッコウキスゲが一面に咲いていればほとんど尾瀬ですね。ニッコウキスゲがそんなに遅れているなんて残念でしたね。
山の紫外線はアラフォーの肌にはきついですよね~。わかる~。
りんりんちゃん、山を嫌がるようになりましたか。ついに来ましたね。ウチの息子なんか抱っこしたがるだろうなと思うと怖くて連れて行けないんですけど。りんりんちゃん、今まで行っていただけでも偉いです。
それにしても、子供ってお出かけ温泉、好きですね。我が家でも「温泉~」と言われます。
  • posted by きうい 
  • URL 
  • 2010.08/04 06:00分 
  • [Edit]

 

いつも思うけど、写真撮るの上手よね~
山登りの景色ではない感じね。
ものすごく行きたくなる。
今回の写真もだけど、おうちのベランダの蝶の写真とか、すごく印象的でした。

ところでお願い。

今回の行程をぜひ細かく教えてください。

会ったときに頼もうと思いつつ、毎回余計なおしゃべりで忘れてしまうので、今忘れないうちにお願いしちゃう。

参考にして、9月以降、海に行けなくなったらここへ行きたいな。
  • posted by ちはる 
  • URL 
  • 2010.08/09 15:19分 
  • [Edit]

よーちん☆さんへ 

暑いけど、晴れてこそ!の景色ですよね~
霧ケ峰は、その名の通り霧が多いと書いてあったので、晴れてよかった。

高尾山も、たしかに人は多いけど、いいですよ~
メインの1号路を外れれば、そんなに人もいないし。
長野はいいけど、アクセスがなぁ・・・
だいたいどの山も、駅からバスでけっこうあるので。
りんりんは酔って吐いても、降りたらそれがウソのようにケロっとしてます。
むちゃくちゃ食べまくるし(笑)
これが降りた後もグッタリするようになってきたら・・・どうしよう~
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.08/10 22:29分 
  • [Edit]

あっくさんへ 

へぇ~~、霧島なんていいな♪
霧島登山なんて、なんか大変そうなイメージがありますが、子どもでもOKなんですね。

うちは結婚前からよく2人で山登りしてたんで、
妊娠してからしばらくブランクができたけど、
りんりんペースでやり直し(体力取り戻し?)登山となってます(笑)
りんりんは最近は、「山に行こうか」というと、
「海がいいーー、海に行きたい!」と言い張るけど・・・(苦笑)
わが家としてはずっと続けていきたいけど、
いつまでついてきてくれるか、疑問ですねー
お菓子でつれるのも、今のうちだけだろうし…
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.08/10 22:40分 
  • [Edit]

きういさんへ 

尾瀬はニッコウキスゲのころは行ったことないけど、よさそうですね~
あ、あとミズバショウのころにも行ってみたいな。
こういう高原って、木がないから、逃げ場がないのよね~~
空に浮かぶ雲がそのまま影をつくってくれるだけ。(すぐ動くし)

りんりん、最近は山より「海」派です。
山に登った達成感とか、意義とか、このくらいの子には分かんないですよね(笑)
温泉とかお菓子(私はビール♪)みたいな、目に見えるエサがないと動いてくれません。
きういさんとこは東北の素敵な温泉によく出かけるから好きなのかな。
私は子どものころ、どちらかというと風呂嫌いだったので、
子どもが「温泉行きたい」なんていうと、なんか不思議です~
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.08/10 22:50分 
  • [Edit]

ちはるちゃんへ 

おほめいただき、ありがとう!
一眼じゃないし、デジカメのオートでシャッター押すだけなんだけどね…(苦笑)
被写体がいいからな~ ほんと美しいところでした!
あ、でも蝶の写真なんか覚えてくれてたのね~(今年も飼育中よ♪)

分かる分かる、私もいつも「会ったらこれを聞こう」と思って忘れちゃう…
今度、パンフもっていくね。地図見ながらのほうが説明しやすいので・・・
うちは車じゃないので、スタート(八島ヶ原湿原)とゴール(車山)が違うコースなんだけど、
どちらにも大きな駐車場があったので、
どちらかを基点にしてその周辺をハイキングするのもいいと思うよ。
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2010.08/10 23:03分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。