ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れで久米&渡名喜島(2)―久米島、再訪!

夕方6時すぎ、やっとのことで久米島に到着!!
ふぅ~ 午後出発とはいえ、移動に1日がかりだわ・・・

「やったー 久米島についたよ!」とりんりんに言うと、
りんりんは、「“じま”ってなーに?」
島のことだというと、彼女にはまだ島という概念がよく分からないよう。
「しましま(ストライプ)のこと?」
…う~~ん。。。 説明に苦しむ母。


     久米島空港
     ↑まっかなシーサーをこわがるりんりん・・・無理やり記念撮影

ちなみに、写真の右奥に見える、バットを構えた像・・・
久米島が楽天イーグルスのキャンプ地らしいので、それでと思ってたけど、
これ、人ではなく、「楽天シーサー」なのだとか。
ネットでアップの写真を見ると…たしかにへんてこな顔のシーサー・・・
私たちは、バスが待っていたので、ちゃんと見てなかったわ~


民宿までは、島内を走る久米島町営バスで。
飛行機の発着に合わせて、動いている。

空港を出ると、なんともの~んびりした島の風景が・・・
背丈以上に伸びたサトウキビ畑が、延々と続いている。
その光景を窓から眺めていると、「沖縄にきたんだなぁ」としみじみ。

りんりんに「これからお砂糖ができるんだよ」と教えても、
この大きな葉っぱがどうやって砂糖と結びつくのかイメージが湧かないよう。
…またもや、説明に苦しむ母。

それにしても、あれぇ~~? 
久米島って、こーんな素朴な、離島っぽい?島だったっけ・・・
宮古や石垣くらい都会?だったように思ってたんだけど…


私にとって、久米島は2度め。
15年…いや、もう20年近く前になるかな。
当時始めたばかりのスキューバダイビングのライセンスをとるために、
仲間大勢と初めてやってきた沖縄が久米島だった。

でもあの時はダイビングが中心で、ほとんど島の観光もしてなかったし、
記憶もずいぶんあいまい。


やがてバスは、島の西部、町役場や港がある中心街へ。

…けど、ここが“中心街”!?
と思わず口をついて出てきそうなほど、さびれている・・・
数少ない店も、開いているところはほとんどない・・・

まるでゴーストタウンのようなこの町の外れで、私たちはバスを降りた。


島の東部にある久米島最大のビーチ、「イーフビーチ」周辺には
ホテルや民宿、飲食店も多く、島随一の観光タウンとなっている。

せっかくだから海にも近いイーフビーチ周辺に泊まりたかったんだけど、
悩みまくったあげく選んだのは、中心街の「民宿久米島別館」。

全体的にクチコミ評判の「良い」「悪い」が混在する久米島の民宿の中で、
この「民宿久米島別館」は悪い評判がほとんど見当たらなかったこと、
3日目の朝早くに船に乗るため、港の近くが便利だったこと
・・・が決め手となった。


さて、その民宿に到着!

         民宿久米島別館1
         ↑緑あふれる玄関には「めんそーれ」の看板が


ちょうど夕食時だったので、さっさと荷物をおろしに部屋へ。
鼻にウルサイ?りんりん、廊下を歩いて、「くさ~い」と失礼なひとこと。
…私にはなつかしい、民宿のにおいなんだけどね。

さて、部屋の中は…!?

      民宿久米島別館2
      ↑港の近くなので遠くに海もみえた


せまっ」・・・と思わず心の中で思っちゃった私。
私もトシを重ねて、いい旅館やホテルに泊まるようになり、
民宿はほんとに久しぶりだもん。
(人間、ゼータクに慣れるとダメね・・・)

それでも民宿としてはけっこう広めだし、
アメニティは旅館並みにはそろっているし、エアコンも新しそう。
ユニットバスはせまいけど新しくてとっても清潔、
さらにベランダには洗濯機まで!(長期滞在客にはウレシイね)

いやいや、合格点ではないでしょうか~!


夕食は7時半までなので、急いで1階の食堂へ。
テーブル席のほかにお座敷もあって、
宿のご主人がりんりん用にベビーチェアーを用意していてくれた。

さぁさぁ、なつかしのオリオンビール(沖縄のビール)で乾杯~!!


そこへ夕食が運ばれ、私たちは思わず歓喜の声!
だって… すごいよ!!これ~~↓

         民宿久米島別館4

ごはんに沖縄そば、グルクン(たかさご…沖縄の県魚)の唐揚げ、
ラフティー(泡盛を使った豚の角煮)、カツオとイラブチャー(ブダイ)の刺身、
タコの酢の物、おひたし、つけもの・・・

なつかしい沖縄料理のオンパレード!!

「グルクンはお子さんでも食べられるようになるべく骨をとってますが、
 食べられるかな?
 中骨はカリカリに揚げているので、つまみにもおいしいですよ」

にこにこと優しそうなご主人、照れ屋なのか多くは語らないけど、
りんりんのことを気にして気を遣ってくれたり、
料理をていねいに説明してくれる。

      民宿久米島別館3
      ↑ほっぺたゆるませながら、りんりんご満悦♪


グルクンの唐揚げなんて、1匹をそのまま揚げることが多いけど、
これを3枚におろし、中骨をカリカリに揚げるなんて、ひと手間かけている~
また、このカリカリのおいしいこと!
“骨があるから魚はキライ”のりんりんも、おやつ感覚のカリカリに夢中♪

「お肉も魚もお野菜も、ぜーんぶおいしい!」
と、りんりんもすさまじい食べっぷり。

いや~ 料理はみんな絶賛していたけど、まさにその通り。
りんりんと取り分けてもおなかいっぱいのボリューム、
地のものをつかった新鮮でおいしい料理、
しかも民宿だからと妥協はしない、気概さえ感じます。

こりゃあ、今まで泊まった民宿の中でも、かなりレベル高いぞー!!
こんな豪華な食事2食ついて5500円、とってもお安いわ~~

        民宿久米島別館5
        ↑こちらは朝食。朝から手抜きナシでボリューム満点~


夕食後に、ご主人にいろいろ島のおススメを聞いてみた。
2日目は「はての浜」に行って、時間があれば観光もしてみたい。

「はての浜も夜に行くツアーがあるんですよ。
 ほんとに幻想的で… すばらしいですから。
 もうそろそろやっているんじゃないかなぁ」

私もネットで見たことがある。夏の間は夜ツアーやっているって。
ものすごい星空が眺められるとか。。。
行ってみたいなぁ…

ほかにも島内のおすすめスポット(というか、ご主人のお気に入りスポット?)を教えてもらっているうちに…
やっぱり島を観光するには、バスだと本数は少ないし歩かなければならないことが分かった。
時間があれば、レンタカーを借りてみようかな…


久米島には2泊とはいえ、1日目はこんな調子で到着は夜、
3日目は朝の8時には出発しなくてはならず、
実質、中1日だけ。
渡名喜でのんびりするとして、久米島では精力的に動き回らなくては…!

さて、2日目はいよいよ、「はての浜」へ…!
思い出の地はいかに!?

翌朝に備えて、さっさと10時には就寝~~☆
(でも、私は興奮しているのか夜中まで寝つけなかった…)
                                            つづく



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ ←励みになるので、こちらをクリックお願いしま~す



   「沖縄・久米島&渡名喜島の旅」を最初から読んでみたいな~と思われた方は
   こちらの「記事一覧」からどうぞ♪



Comment

すごいお料理~♪ 

こぎれいな民宿だし、お父さんはいい人だし、何と言ってもお料理すごいですねー!
これは確かに口コミでも高い評価でしょうね~!
あったかいおもてなし、心が柔らぎますね。
りんりんちゃんの「くさい」って笑っちゃった^^
私も小さい時、おばあちゃんちへ行くと独特なにおいをまず感じ取ってました。
それも今は懐かしい思い出。
りんりんちゃんにとってもそうなると思います♪
  • posted by あっく 
  • URL 
  • 2009.07/12 19:31分 
  • [Edit]

 

ええ~これで1泊5500円!?それはお得ですね!!
たしかにお部屋はせまそうだけど、この値段と食事で差し引きプラスですね。
久米島に行くときは、ここチェックだなあ。(メモメモ・・・)

そう。「人間、ゼータクに慣れるとダメ」ですよね。
私もすっかり贅沢になってきて・・・、今、昔泊まったアジアの安宿に泊まれるかと聞かれたら断りそうですよ。

サトウキビ畑・・・うーん、沖縄ですね。
ああ、行きたいなあ!

はての浜も楽しみです!
ぜひぜひ行きたいポイントなんですよね~。

  • posted by きうい 
  • URL 
  • 2009.07/13 13:26分 
  • [Edit]

 

ままりんさん こんにちは。
相変わらず、小説のように引き込まれる旅行記。
それで、それでっ?と思っていると、続くぅ。
やるな~。
しかし、りんりんちゃんのおいしそうな顔!
ご主人も作った甲斐があるってもんだね。
それと、怖がるシーサーの前に無理やり立たしちゃダメよ~ん(笑)、私みたい!
『はいっ、すぐだからっ、こっち向いて!』ってね。
  • posted by なつ 
  • URL 
  • 2009.07/13 14:42分 
  • [Edit]

 

ここの民宿はアタリだったんですね♪
こんなにおいしそうなお料理で1泊2食5500円だなんて(驚)
良心的ですよね。(ご主人の人柄がうかがえる料金設定です^^)
小さい子を連れてると、やっぱりお宿は子どもに優しいところがいいですもんね。
りんりんちゃんもお料理には合格点を出したのかな?^^

ままりんさんの旅行記を読んでいると、いろいろ参考になりますよー。
(やっぱり飛行機はお昼過ぎぐらいの便がいいとか^^うちもしっかりお昼寝しますので)

そうそう、機内から撮影した空の風景素敵ですね!
はての浜、楽しみです!
  • posted by りこ@のすけママ 
  • URL 
  • 2009.07/13 17:59分 
  • [Edit]

あっくさんへ 

なかなかいい民宿だったのでホッとしましたよ~
ほんと、ごはんが沖縄の家庭料理(にしては豪華すぎるけど)って感じで
それだけで沖縄にきたなぁという感じ。
ご主人ののーんびりした沖縄イントネーションになんとも癒され・・・(笑)

そうですね~ たしかに田舎の独特なにおいってありますよね~
おばあちゃんちのにおいって、なつかしいなぁー
りんりんはタクシーに乗った瞬間、くさいとか言っちゃうし、
ほんとこちらが焦っちゃう~~
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2009.07/14 21:32分 
  • [Edit]

きういさんへ 

沖縄の民宿だと、だいたいどこもこのくらいの値段で泊まれちゃうんですよ~
それこそ私が旅してたころは、2食で3、4000円くらいだったんで、
「高くなったなぁー」という感じですが(笑)
安宿って、ある程度“慣れ”ですよねー
泊まっているうちに平気になってくるけど… さすがにドミはもう無理か(笑)

あおーい空にサトウキビ畑…これぞ、沖縄!
そういう風景に出会えるだけで、たいしたことしなくても満たされて帰ってきました。
私もまた行きたくなってきたなぁ~~(笑)
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2009.07/14 21:38分 
  • [Edit]

なつさんへ 

えぇーっ、なんだか照れるけど、そんなふうに読んでくれてありがとうございます~
別にもったいぶっているわけじゃないんですが、
ダラダラと1記事も書くとかなり消耗?しちゃい、
ひきのばしてしまうんです~(笑)

上半分カットしているけど、りんりんのおいしそう~♪な表情、伝わるでしょう?
「ほっぺたが落ちそう」とは、まさにこの顔!?(笑)
ははは… なつさんも無理やり撮っちゃうんですね~
そうそう、とりあえずなんでも子ども入れて押さえとかなきゃ、ね☆
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2009.07/14 21:45分 
  • [Edit]

りこ@のすけママさんへ 

久米島はあんまりいい宿がないと聞いて期待してなかったけど、
ほんとアタリでしたね~
何より、ごはんがおいしければなんでも許せちゃう(笑)
この値段は民宿では相場だと思いますが、料理がちゃんとしているかどうかで
票が割れると思うんですよね~

飛行機でも新幹線でも、基本、お昼寝にあたるようにしてるんだけど、
そうなるとその日が移動だけで終わっちゃうのがネックで・・・(涙)
でも、お昼寝しないとダメなお子さんなら、子ども優先にプラン立てるのが賢明かも☆
空から眺める「島」っていいですよね~
ちょっとした遊覧飛行、あじわえましたよ♪
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2009.07/14 21:53分 
  • [Edit]

 

まずは、りんりんちゃんの正直なストレートな発言に
大笑いしちゃいました~(笑)
民宿の方には悪いけど
こういう発言って、一生忘れられない思い出になるよね~(笑)

しかし、食事、最高~
まさに、心のこもったおもてなし。
民宿ならではですよね~
グルクン、私も大好きです~

それに、やっぱり畳は落ち着きません?
実は、私も、今回の宮古は民宿じゃないんだけど
畳の部屋なの~
なんせ、大人4人と子供2人が、一部屋で泊まれる所って、なかなかなくって・・・

はての浜。。楽しみだわ~☆
  • posted by くう 
  • URL 
  • 2009.07/14 23:16分 
  • [Edit]

 

お食事おいしそーう!
食事がおいしければ、ちょっと汚かったり不便だったりしても許せちゃいますよね。
しかもご主人とか女将さんがいい人なら言うことなしです。
久米島ってノーマークだったけど、これからの行き先候補に入れときます。
久米島に行く時はここに泊まろっと!

楽天シーサー、鎧兜を着て刀を振り上げてる人に見えます(笑)
  • posted by ayumi* 
  • URL 
  • 2009.07/14 23:58分 
  • [Edit]

 

2食付いてこのお値段なんてすばらしい!!
もともと寝るだけぐらいだったらこれで十分ですよね。
(ま、いいにこしたことないですが 笑)
お料理もバラエティに富んでるし、お腹いっぱいになりそう!!
私も大学生の頃、バイトの仲間と大人数で新島や大島の激安パックで民宿に泊まってました。
なんか思い出すぅ~♪

宮古や石垣が都会だっていうの、なんかびっくりです。
久米島は直行飛んでたりしたので私の中では開発されてそうって思ってたんです。
素朴でいい島みたいですね。
秋頃安いパックが出たら狙ってみようかな~☆
  • posted by ひなぷぅママン 
  • URL 
  • 2009.07/15 09:31分 
  • [Edit]

くうさんへ 

私も、、、りんりんの言いたいことはとっても分かるだけに、苦笑もんでした。
まわりに誰もいなかったことが救いだったわ・・・
食事、写真で見るとそんなにボリューム感が出ない気がするんだけど、
ほんと、実際に目にしたら、「おぉぉぉーーーっ」って歓声ものでしたよ。
こんな“沖縄定食”、町の食堂で頼んだら、けっこういい値ですよね~
グルクンは私、それほど好きではなかったんだけど、
ここのはほんっとおいしかったぁー♪

やっぱ子どもがいるとタタミはいいですよね。
うち子、寝相悪いから、ベッドだと落ちやしないか落ち着かない(汗)
ホテルなのに、大人数で泊まれるタタミ部屋があってよかったですね!
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2009.07/16 14:14分 
  • [Edit]

ayumi*さんへ 

ほんとほんと、久米島での思い出は
「食事がおいしかったこと」が大きく占めています(笑)
久米島もなかなか素朴な島だったよ。
八重山ファンにはどうかな…うーん、難しいところです。
でも、いろんな島を見るのも、楽しいですよね。
久米島ではだいたいみんなイーフビーチ周辺の宿に泊まるので、
ここはそういう意味でも、ものすごくがんばってるのかも。

ははは・・・たしかに、鎧兜に刀みたいですね~~
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2009.07/16 14:18分 
  • [Edit]

ひなぷぅママンさんへ 

離島の民宿だと、まあまあ相場の値段かな。
今回、久米島はバタバタで、ほとんど部屋にいなかったので、
寝るだけだったからもう充分でした。ごはんはポイント高い!
学生のころにみんなで泊まった民宿の思い出って、なんかなつかしいよね~

あ、宮古や石垣が“都会”というのは、私個人的な感想です。
あくまでも、八重山の小さな島と比較して・・・ということで。
でも、石垣は那覇みたいに大きなビルも建っているし、街!ですよ。
そうそう、私も、久米って直行便もあるし、大きいと思ってたの。
でも、なんていうか…開発が中途半端に終わって取り残された感があったかなー…
セブ、微妙って書いてましたが、本当ですか!?
そしたら沖縄も秋ごろまで泳げるしいいですね~~
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2009.07/16 14:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。