ままりんの子連れ旅じたく

旅で成長する親子の記録*子連れ旅行やお出かけ情報、子育てのつぶやきも

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れ箱根旅行(5)―天国から地獄へ

意外とキッズが遊べるアート満載の、「箱根 彫刻の森美術館」。
次は何が出てくるかな~とワクワクしながら歩いていると、広い庭も小さく感じる。
ここに来るまでにすでに歩き疲れていたりんりんだったけど、
不平を言っていたのもすっかり忘れ、遊びに夢中になっている…!

      彫刻の森4
      ↑「星の庭」 迷路になっています♪

以前、マザー牧場で巨大迷路をやって、大喜びだったりんりん。
今回も、この「星の庭」をパパと走り回って楽しそう…だったんだけど、
加減を知らないパパが暴走して追いつけなくなり、りんりんは突然、号泣…!
迷路で迷子になっちゃう~っと、パニクったみたい?


庭園奥の広場には、美術館の目玉、ヘンリー・ムーアの作品群が…

   彫刻の森11 ←「ふたつに分けられた横たわる像」

上の写真奥にそびえる塔は、「幸せをよぶシンフォニー彫刻」。
見晴台があるというので、中に入ってみると…

      360度、ステンドグラスの世界!→ 彫刻の森12

キラキラキラ…
色とりどりの光に包まれた、不思議な空間に、りんりんもうっとり。

上へとつづくらせん階段をのぼって、展望台へ。
これがちょっとこわい… 足もとがすくんでしまう。
りんりんは途中、「もう降りる~~」と引き返そうとしたけど、
休みながらなんとかがんばって最後までのぼり、塔からの山の眺望を楽しんだ。


     彫刻の森13
     ↑降りたら小腹もすいてきた… アイスを食べながらひと休み

絵画館にあるこの「ギャラリー・カフェ」には、ちょっとしたキッズスペースもある。
ほんとに子連れにやさしい美術館だわ…

そして彫刻の森のもっとも奥にあるのが、「ピカソ館」。
ここには300点以上のピカソの作品が展示されている。
それも、陶器や版画、彫刻、素描…など、多彩!
ピカソって、画家というイメージがあったけど、こんなにいろんな作品を残していたのね。
ほんとに多才な“芸術家”だったんだ…

室内展示場はりんりんにはつまんないかな…と思ってたんだけど、
ピカソの作品が意外に彼女のツボにはまったよう…?
お皿に描かれた、いろんな顔を見てキャッ、キャッと大喜びしてる。
たしかにピカソの絵って、子供ゴコロに通じるものがあるもんね…
てゆーか、りんりんでも描けそうな絵ばっかり…


そして最後のお楽しみは、温泉足湯!!
美術館に足湯”――なんとも妙な取り合わせだけど、彫刻の森には足湯があるんです。
ちなみに私が彫刻の森のことを知ったのは、昔、「神奈川の温泉」をネットで検索してて
ここの足湯がヒットしたから。

     彫刻の森14
     ↑長さ20メートルの足湯「ほっとふっと」
             レモンやゆずが浮いている~→ 彫刻の森足湯

この足湯は4年前にできたそう。
敷地内に涌き出る温泉を利用しているため、ぜいたくにもかけ流し!

ずーっと歩いてきたため、ぱんぱんだった足もやわらいでいく~~
底には小石がぽつぽつ敷かれているので、足裏のツボをいいカンジに刺激してくれる。
これ、一度腰を下ろすと根が生えちゃって、なかなか出られませ~~ん!

りんりんは「熱い、熱い」と言って足の先のほうしかつけようとしなかったんだけど、
ほかの子たちは足湯を歩き回って、楽しそうにしてた。
でも、すべってズボンびちゃびちゃ…なんてことにならないように、
替えを用意していくと安心。それと、タオルも…(ミニタオルは100円で売ってますが)


こんなふうに、思いっきり楽しめた「彫刻の森美術館」。
足湯ですっかり極楽気分♪ 足も軽やかに…
なったのに、帰りの電車でまた固まってしまった。

強羅駅から一つ先の彫刻の森駅で、登山鉄道になんとか乗り込んだのはいいけど…
行きとは比べものにならないくらい、ぎゅうぎゅうのすし詰め!
りんりんが下のほうで埋もれ、大人たちに押しつぶされそう~~

なので、ダンナがだっこ。
車内はもう蒸し暑くて、空気も悪い。ダンナはりんりんをかかえて首筋に汗がタラ~…

こんな飽和状態なのに、次々と止まる駅でどんどん人が乗り込んでくる。
朝の通勤ラッシュ以上…!
中には、気分が悪くなって、駅のベンチに倒れこんだ女性も…
「換気のため、窓をあけてください」と車内アナウンスが流れる。

こんな状態になると、登山鉄道の趣なんてみじんもない。
行きは楽しんだスイッチバックも、「お~~い、タラタラしてないで早くしてくれよ~~!
なんでいちいち運転手が変わるんだろう。
2人乗ってんだから、交互に運転すればいいのに… なんて思ってしまう。

りんりんは途中でだっこされながら寝てしまったからよかったけど、
もし車内で気分悪くなって、もどしちゃったりしたら…
車内はもう、悪臭ただよう地獄列車と化しただろうな…
そう想像すると、おそろしい。

というのも、りんりんはその晩、突然寝ゲロしてしまったのだ…!
とくにその前後で熱も出なかったし、ほんとにその1回吐いておしまい、だったんだけど。
やっぱり疲れが出たのかなぁ…

夜中に布団を洗ったり大変だったけど、とにかくあの車内でなくて、よかった。

箱根…紅葉はまた見にいきたいけど、
やっぱりこの混雑を考えると、できるなら平日に行きたいものです。。。
                                              おしまい



子連れ旅行…楽しいことはたくさんだけど、苦労もつきませんね。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ ←でも、めげずにまた行こう! ポチッと応援よろしくです

Comment

 

彫刻の森・・お庭も楽しめるんですね!
迷路って子どもは好き☆
迷路で迷子になったら、大人でもショック!
りんりんちゃんのお気持ち察します♪
ピカソを理解してハマル
りんりんちゃんには才能がv-218
疲れた足を癒すのは「足湯」ですね♪
20mですか(驚)それなら混雑もなさそうね^^
帰りの登山列車・・想像しただけで
私も青ざめました!子連れだと尚更気分がv-292
やはりハイシーズンは苦い想い出がつきますね><
混雑した列車の中で吐かなかっただけでも
りんりんちゃんは偉かったと思います♪
頑張ったりんりんちゃんにぽち☆
  • posted by めぐめぐ 
  • URL 
  • 2008.12/08 16:26分 
  • [Edit]

めぐめぐさんへ 

彫刻の森は天気のいい日に行くと、サイコーですよ!
箱根の山に囲まれて、おもいっきり遊べます♪
ほんとうは展示室もいくつかあるんだけど、
りんりんにはつまんないだろうと思って、ピカソだけ入りました。
いやいや、“理解して”はまったわけじゃないんです…(汗)
ほんとにヘンな絵ばかりで…
お皿に、ただ顔が描いてあるだけなんですよ~~
「わらってる~~」「変なカオ~~」と喜んでただけです。
しかし、あれで“お宝”扱いされるんだから、芸術は分からん…

登山鉄道は、やはり空いたときに味わいながら乗りたいですね。
あれじゃ、鉄ッチャンもウンザリでしょう。。。
まだかまだかと、ノロノロ運転をのろいましたもの…(笑)
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.12/08 22:33分 
  • [Edit]

混んでますよね~ 

ここの足湯、いいですよね~。
私が行ったときも子供たちはみんな気に入ってゆっくり浸かってました。
おかげで親たちは楽しくおしゃべりできてよかったです^^

登山鉄道混みますよね。
連休だったし輪をかけてひどかったでしょう?
私たちは歩いて強羅まで戻って始発から乗りました。
平日でもけっこういっぱいになったから、相当大変だったでしょうね。。。

りんりんちゃん、その後どうですか?
子供が吐くとその後始末がかなり大変ですよね。
保育士の友達は勘で前兆がわかるらしく、ノロの時もすべて洗面器や袋でキャッチしたって言ってました。
私もそんな勘が欲しい!!
  • posted by ひなぷぅママン 
  • URL 
  • 2008.12/08 23:15分 
  • [Edit]

 

連休の箱根 おそるべしですね。
足湯にも ゆっくり浸かりたいです。
混んでると聞いても ますます行きたくなりました。
夜中のお洗濯たいへんでしたね。
箱根の冬ってどうなのかな? 春夏秋がお勧めですか?
  • posted by nobi 
  • URL 
  • 2008.12/09 09:46分 
  • [Edit]

ひなぷぅママンさんへ 

足湯がほんと気持ちよくって、なかなか抜け出せませんでした~
ちょうど私たちが座ったところは、スタッフのおじさんが言うには
熱い湯が出てくるところだったらしくて、うちの子は熱がって
心から楽しんではいなかったけど…(苦笑)
親がのんびりできて、いいですよね!

この時期は、平日でも混み混みなんですね~
私たちも強羅に戻ろうか考えたんですが、駅員さんに
「強羅に戻っても今日はすごい行列だから、何本か待たないと乗れない」と聞いて、
彫刻の森から強引に乗ってしまいまいた。。。
各駅でみんな同じように強引に乗り込もうとするので、それはもう大変だった…!

りんりん、ほんとに夜中に一度吐いただけで、とくに病気にならなかったんですよ。
なんだったんだろう…? 疲れですかね??
お友だちの保育士さん、さすがですね!
前におなかの病気だったとき、枕元に洗面器を置いてたんですが、
いつもタイミング逃してばかりで…(汗)
そのカンは、やはり長年の経験のもと培われたんでしょうね~!
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.12/09 23:23分 
  • [Edit]

nobiさんへ 

ほんとに箱根おそるべし…でした。
ま、行けば行ったで楽しめるものですけどね♪
この賑わいがまた気分を盛り上げてくれたり…と今なら思えるけど。

箱根は8月(夏休みの避暑)、11月(紅葉)がピークのようですが、
冬は冬で楽しめると思うけど… やっぱり寒いのかな?
でも、「温泉を楽しみに行く」という目的なら季節を問わないかも。
外で遊ぶ施設は、ちょっと気合が必要かもしれませんね(笑)
  • posted by ままりん 
  • URL 
  • 2008.12/09 23:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ままりん

Author:ままりん
もとバックパッカー、旅が大好きな1児の母。
昔のように自由気ままな旅には出られないけど、娘・りんりん(5歳)を連れまわして、お出かけを楽しんでます。
夢は“子連れパッカー”、親子でバックパック背負って世界旅行!

このブログでは、赤ちゃんの時からの
旅やお出かけ、アウトドアの記録をつづっています。
時々、ぶつぶつ育児のつぶやきも・・・

カテゴリー

「もくじ」または、各カテゴリーの記事一覧からどうぞ♪ (最近の記事はもくじ更新が追いついてませんが…) 2歳までの記事は、旧ブログ『baby編』に移動します。

最新記事

過去ログ

サイト内検索

右サイドメニュー

ブログランキング

以下のランキングに参加しています。 1日1回、クリックしていただけると、更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ



クリックで小さな社会貢献

クリック数に応じてスポンサー企業が代わりに募金してくれます。
こちらもついでにぷちっと…

Powered By イーココロ!

おトク情報☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。